NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー

<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Smile worm のエビ系カラー

前回のブログではテナガエビパターンに効くSmile wormの話をしましたが、
今回はSmile wormシリーズのエビ系カラーのご紹介。

現在ラインナップされているSmile wormシリーズのエビ系カラーはこの3色。


b0177760_21581583.jpg

画像手前から『#03 テナガシュリンプ』『#34 ブルーシュリンプ』『#109 エビミソ』。

どのカラーも〝シュリンプ〟や〝エビ〟って名前に付くだけにエビっぽいカラーです。


画像は『Smile worm Mammy』ですが、
この3色はSmile worm全サイズにラインナップされています。


カラーが分かりやすいようにちょっと拡大してみます。



b0177760_22024311.jpg


パープルとゴールドラメの『#03 テナガシュリンプ』、
ブルーラメの『#34 ブルーシュリンプ』、赤ラメの『#109 エビミソ』。

どのカラーも透かした時にエビっぽく見えるようにブラックシードが入っています。


その時の水の色など、フィールドコンディションに応じてカラーをチョイスするのが定石なのですが、
これからのテナガエビの季節に私が最もオススメするのがこのカラー。



b0177760_22142407.jpg


『#03 テナガシュリンプ』

カラー名がそのまんまなので当然なんですが・・・。


元々は『kemkem shad』で過去に作ったことのあるカラーなんですが、
テナガエビパターンで効くSmile wormシリーズにこのカラーがなくてどうするってことで
ラインナップに加えたカラーです。

リリースされたのは昨年の秋頃でしたが、本領を発揮するのはまさにこれからの時期ですね。

今使わないでいつ使うっていうくらい、これからの時期が旬のカラーです。



ちなみに〝テナガ〟って名前が付くカラーは『テナガシュリンプ』の他にこの2色があります。


b0177760_22443870.jpg

『Redbee』『machobee』の『#115 テナガボンバー』。

そして『Donkey BOO』の『#124 テナガパープル』。


いずれのカラーもラメやシードの入り方で見え方が変わってきますが、
全体的なトーンではSmile wormの『#03 テナガシュリンプ』と似てますね。

ラメの印象が強いのが『#03 テナガシュリンプ』、
ラメの印象が弱いのが『#115 テナガボンバー』、
ラメよりも透かした時のブラックシードの印象が強いのが『#124 テナガパープル』って感じでしょうか。


余談ですが、BITEGUTSシリーズではカラー名に〝テナガ〟って付くと
パープルラメが入るっていう法則があります。

以前のブログでも何かそんなようなこと書いたような気がしますが・・・。



以上が現在リリース中のエビ系カラーですが、
実は過去にもう1色エビ系カラーがあったのをご存知ですか?


これがそのカラー。


b0177760_22573002.jpg

『#04 モエビ』

このカラーを知ってる人はかなりのNOIKEフリーク。

Smile wormシリーズの『Mammy』以外の各サイズにラインナップされていたカラーです。



b0177760_23061445.jpg


モエビっていう名前の通り、
ウィードに馴染むように大小のグリーンラメが入ったこのカラー。

Smile worm以外にも『kemkem shad』『WILD Goby』にもこのカラーがありました。


古くからNOIKE商品を扱ってくれているお店では
まだ少しこのカラーを見かけることがあります。

NOIKEの地元、関西の釣具屋さんで陳列バーの奥の方をエグってみると
このカラーが見つかるかも。


気になる方は探してみてください。



ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2018-05-31 23:16 | お気に入り

テナガエビの季節

テナガエビの季節がやってきます。

産卵のためにゾロゾロとシャローに上がってくるテナガエビと
産卵を終えて体力を回復したいバスがリンクするこれからの時期。

バスにとってテナガエビは格好の捕食対象となります。



b0177760_09360760.jpg

そんな季節に特に威力を発揮するのがSmile wormシリーズ

一年中安定して釣れるSmile wormシリーズですが、
特にこの時期のテナガエビパターンではスペシャルな釣果が期待できます。


私のホームグラウンド淀川本流だと5.3インチの『Smile worm Mammy』
4.6インチの『Smile worm Daddy』が鉄板。

広い本流エリアでバスに見つけてもらいやすいサイズというか、
水の中での存在感という意味で『Mammy』か『Daddy』をチョイスすることが多いですが、
場所によってはオリジナルサイズの『Smile worm』でも
小さなサイズの『Smile worm Baby』でも良いかと思います。



ところで、『Smile worm』ってその形状から〝ミミズ〟を連想する方が多いかもしれませんが、
イメージ的には〝エビ〟だと思って使ってもらうのが、特にこれからの時期は釣果に繋がりやすいかと思います。

形がエビに似てるというよりもアクションがエビっぽい感じですね。

別にミミズだと思って使ってもらっても特に問題はないんですが・・・。



使い所はテナガエビが多いテトラ帯や、ゴロタ・リップラップなどのハードボトムエリア。

使い方はテトラ帯ではピッチングでテトラの隙間を狙って落としていくのが基本。

ゴロタやリップラップではボトムを取ってヒョイヒョイっとアクションさせて
ステイで喰わせるって感じが良いと思います。


必然的に根掛かりしやすい場所を狙うことになるので
上の画像のようにガード付きのマス針を使用するのがオススメ。

フックはタテ刺しにすることで動かした時により強くバイブレーションが出ます。


長くなりそうなので、ここで一旦切ります。

次回はSmile wormシリーズのエビ系カラーを紹介してみたいと思います。



ではまた。







[PR]
by waterlettuce | 2018-05-31 10:34 | お気に入り

ラインの巻き替えに便利

昨日サムライジーンズでもらったノベルティのバケツ型デニムバッグ


b0177760_15194284.jpg

ちょっとした小物を入れるのに便利です。

玄関先に置いといて鍵とか入れたり、デスク周りの細々したものとか入れたり、
小さなサボテンの鉢に被せても可愛らしいかもしれませんね。



b0177760_15231474.jpg

夏らしいワンポイントのタグがイイ感じです♪



b0177760_15301271.jpg

スペアのラインを入れてみました。

このサイズなら3つ入ります。



b0177760_15393170.jpg

タテに3つ積んでストックボックスとして使ってもいいんですが、
こうして横向きに入れると・・・


もうお分かりですね?



b0177760_15414537.jpg

ラインの巻き替えに非常に便利!!

取っ手の部分にS管を引っ掛けて使っても良さそうですね。


ちなみにこのノベルティグッズ、本日20時までサムライ梅田本店で開催されている
秋冬新作展示会で新作を予約されたお客さんにプレゼントしているものなんですが、
これだけ単体で販売しても売れそうな気がします。

さすがサムライジーンズ。ノベルティのクオリティも高いですね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-29 16:24 | お気に入り
今日は仕事の合間にサムライジーンズへお邪魔してきました。


b0177760_21382232.jpg

ここのところ少しご無沙汰していましたが、忘れられてなくて安心しました・・・。



b0177760_21444565.jpg

ここに来ると物欲のリミッターが振り切れてしまうので注意が必要です。




今回の目的は買い物じゃなくてコレ。


b0177760_21455083.jpg

先日のバスオブジャパンで入賞した時にいただいた楯をお店にお持ちしました。

あっ、ちなみに私、サムライ魚釣り倶楽部のメンバーだったりもします。



何のことか分からない人のために簡単に説明すると・・・

サムライジーンズは大阪のデニムブランドなんですが、
そのサムライジーンズの中に色々な倶楽部活動があります。

車だったら『サムライ自動車倶楽部』、バイクだったら『サムライ二輪車倶楽部』、
サッカーは『サムライ蹴球倶楽部』、畑仕事の『サムライ綿づくり倶楽部』とか、
他にもいくつかある倶楽部の中の釣りの倶楽部が『サムライ魚釣り倶楽部』なんです。


NOIKEスタッフも数名がサムライ魚釣り倶楽部のメンバーでもあるんですが、
大会でもらった楯などはお店に飾らせてもらうという習わしになっているんですね。


というワケで、NOIKEスタッフが大会でもらったJB/NBCの楯の隣に
バスオブジャパンの楯も飾っていただきました。

やっぱりこの楯のデザインってカッコイイと思うんですよねぇ。

さらにカッコイイ優勝の楯をここに飾ってもらえるように、もっと精進しないと。



楯をお渡しした後は店内を物色。


b0177760_22561658.jpg

別室で今年の秋冬物の展示会をやってました。



b0177760_22572917.jpg

サムライ魚釣り倶楽部の秋冬の新作はコレ。

ヘビーオンスのロングスリーブTシャツです。



b0177760_23024917.jpg

胸元には魚釣り倶楽部のワンポイントロゴ。

オッ、これは新しいタイプのロゴですね。



b0177760_23040662.jpg

そしてバックプリントはこんな感じのイラストです。

今までの魚釣り倶楽部のデザインとはちょっと変わった感じがして
これはこれでイイ感じですね。


ちなみにサムライジーンズのTシャツやロンTって私も毎日着てますが、
普通のTシャツよりもかなり生地がしっかりしているので何年経ってもヘタれません。

TシャツやロンTの首周りがヨレヨレになるのが私は一番嫌いなんですが、
サムライジーンズのTシャツは私が持っているもので一番古いものだと5年くらい着てますが、
首周りがヨレヨレになる気配すらありません。

生地がしっかりしたTシャツが好きな方にはかなりオススメです。



b0177760_23182144.jpg

ノベルティグッズをいただきました♪

ちょっとした小物入れなんかに使えるバケツ型のデニムバッグですが、
スペアのラインを入れておくのに丁度イイかも。


明日までやっている新作展示会で注文するともらえるノベルティグッズ。

このノベルティグッズをもらったということは・・・。


やっぱり物欲リミッターの抑えが利きませんでした・・・。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-28 23:31 | 日常の事
先日『Smile worm Mammy』が工場から上がってきました。


b0177760_10471857.jpg

画像奥から
#01グリーンパンプキン
#08 ウォーターメロン
#09 グリパンブルー
#103 ダークレッド
#109 エビミソ

どれも言わずと知れた定番色ですね。


定番色の中でも『Smile worm Mammy』のこのカラーは久しぶりの生産になります。



b0177760_10592490.jpg


#08 ウォーターメロン

以前は一世を風靡した定番中の定番カラーですが、最近は定番人気カラーの座を
グリーンパンプキンに奪われつつあるのであまり作ってなかったんですが、
やっぱり定番カラーなので無いと困るという、お店とお客さんの要望に応えて今回生産しました。

実は密かにSmile wormシリーズの『#08 ウォーターメロン』は昨年辺りから作ってたんですけどね。


BITEGUTSシリーズの『#08 ウォーターメロン』は文字通りスイカのような緑が強いウォーターメロンではなく、
少し赤みがかった緑というか、グリーンパンプキンを透けるようにした感じのウォーターメロンです。



b0177760_11061939.jpg

上が『#01 グリーンパンプキン』、下が『#08 ウォーターメロン』。

光にかざすと透け方がこれくらい違います。


透けるということは水に馴染むということなので、
ナチュラル系カラーとしての喰わせ能力の高さはピカイチ。

一昔前は淀川でも「ウォーターメロン」と「スモーク」がナチュラル系鉄板カラーの二大巨頭だったんですが、
ウィードが少なくなったのと比例して使う人が少なくなってきた印象があります。


ナチュラル系カラーの私の使い分けは、ウィードがある場所では『#08 ウォーターメロン』、
ウィードが無い場所では『#105 オイリー』を使うことが多いです。

現在の淀川はウィードが少ないのでナチュラル系カラーを使う時は
ついつい『#105 オイリー』に手が伸びてしまいます。

「ウォーターメロン」って何となくウィードレイクの琵琶湖のイメージが強いんですよねぇ。



最近あまり使ってなかった『#08 ウォーターメロン』ですが、
透かした時のブラックシードの見え方はかなりそそるものがあるので
『#105 オイリー』とローテーションしながら『#08 ウォーターメロン』もまた使ってみようと思います。

釣れるカラーであることは間違いないので、
使う人が少なくなってきたということはある意味チャンスかもしれませんね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-28 11:33 | NOIKEの仕事

色々試しに淀川へ

今週末は土日とも淀川でオカッパリ。


b0177760_21453079.jpg

土曜日は中流域の普段あまりやらない場所へ行ってみました。

クサフジの紫がキレイです。



ところで、最近お客さんに良く質問されるのが、
『Smile worm』のもっと大きいサイズって作らないんですかっていう事。

数年前に7インチサイズの『Smile worm』を開発していたことがあったんですが、
おそらく今は開発は一旦ストップしているハズ。


いつかまた開発が再開してリリースするかもしれないし、
そのままお蔵入りになってしまうかもしれないし、
こればっかりは私の口からは何とも言えないっていうのが現状です。

ストレートワームってシンプルな形状だけに開発はスゴく難しいみたいです。



Smile wormシリーズは現状だと一番大きなサイズが『Smile worm Mammy』でサイズは5.3インチなんですが、
それよりもっと大きいものが必要な時にNOIKEスタッフが密かにやっているチューニングを私も試してみました。


b0177760_22084256.jpg

『Smile worm Mammy』のハチマキ(リブのない部分)から下を切って繋いだモノ。

ジグヘッドワッキーで使うのがイイみたいなので、接合部が中心にならないように
ハチマキの上で切ったものとハチマキの下で切ったものを繋ぎました。

サイズ的には7インチぐらいの長さになります。


使ってみた感想としては、これはこれで普通に釣れそうだなぁという印象でした。



コレを作った切れ端同士も繋ぎ合わせてみました。


b0177760_22213885.jpg

コレはコレでアリかも・・・。

もっと使い込んでみないと何とも言えませんが、悪くはないなという印象でした。


他にも色々試しているうちにアッと言う間に時間が過ぎて土曜日は終了。

魚に触る事はできませんでしたが、翌日も淀川でオカッパリの予定だったので
明日また頑張ろうという感じで楽観的に考えていました。





そして日曜日。

今日は下流域で釣りしました。


いつもの場所でいつもの感じで釣りしていったんですが、魚からの反応が全くない・・・。

とりあえずいつもチェックする場所をランガンして回ったんですが、ギルっぽいバイトがあるのみ。


何かヤバイ雰囲気です・・・。



迷走しながら夕マズメに入ったポイントには先行者がいたので、
「下流側で釣りしてもいいですか?」って声を掛けようと思ったら、
「いつもブログ見てます!」って逆に声を掛けていただきました。


b0177760_22500711.jpg

ありがとうございます!


嬉しいですねぇ。

拙いブログですが、いつも見てくれている人がいることに感謝です!

こうやって声を掛けていただくと、とても励みになります。


いつもブログを見てくれているお客さんの前で
サクっとビッグサイズを釣ったらこの上なくカッコいいんですが、
そんなに都合良くいかないのが魚釣りというもの。


恥ずかしながら、アタリもカスリもしませんでした・・・。



でも、お客さんは釣りました。

b0177760_23034369.jpg

大きくても小さくても魚が釣れたら嬉しいですよね!

ちなみに『Smile worm Mammy』で釣れたそうです。


お客さんの期待に添えず、釣れないブログ更新になってしまいましたが、
結果は結果なので真摯に受け止めるしかないです・・・。

次回は頑張って釣るので、懲りずにまた見てくださいね。


ではまた。


[PR]
by waterlettuce | 2018-05-27 23:19 | 釣りの事
いつも私がオカッパリで使ってるサムライジーンズのデニムミニバック。


b0177760_00412292.jpg

商品名は確か『デニムミニバック』となっていたハズですが、
バックというよりはベルトループに通して使う小型のウエストポーチですね。

過去のブログでも書いた事があるので覚えている方もいるかもしれません。


先日天気の良い日が続いたので、ちょっと洗濯してみました。



b0177760_00484900.jpg

使う洗剤はもちろんコレ。

サムライジーンズの『雷石鹸』です。


デニムメーカーがデニムのために作ったデニム専用石鹸。

サムライフリークならマストアイテムの洗剤ですね。



b0177760_00565708.jpg

このバックも使い始めて4年程経ちましたが、
徐々にアタリが付き出してイイ感じになってきています。

まぁ、釣りの時しか使ってないのでそれほどハードなアタリは付いてませんが。



オカッパリのスタイルって人それぞれですが、
私はできるだけ荷物を少なくしてフットワークを良くしたいので
その日に使いそうなものをこのバックに入る分だけ絞り込んで持って行きます。

色んな状況に対応するために何でもかんでも持って行くんじゃなくて、
今日はこれとこれでこういう釣りをしようっていうテーマを決めて
持って行ったルアーをフル活用して魚を探していきます。

あんまり沢山ルアーを持って行くとバッグが重くなるので無駄に疲れますしね。



b0177760_01135853.jpg

持って行くワームは5〜6パックぐらい。

メインで使うワームはカラーローテーションするために何色か持って行きますが、
それ以外は何となくその日の水の色を想像して決め打ちします。



b0177760_01155413.jpg

ワームに対応したフック、シンカー、ジグヘッドなどはこれくらい。

フックやシンカーを専用ボックスに入れてしまうと使わないものまで持ち運ぶ事になるので、
使いそうなものだけパッケージのまま持って行きます。



b0177760_01171670.jpg

フック、シンカーは手前のポケットに丁度イイ感じで収まります。

取り出しやすいのでとても便利です。



b0177760_01294211.jpg

ジグやスピナーベイトなんかは100均で売ってるチャック袋に入れとくと便利です。



b0177760_01341149.jpg

プラグはさすがにこのバックには入れにくいので、
小さなボックスに入れてジーパンのポケットに突っ込んでます。



b0177760_01365645.jpg

サイドポケットにはペンチとラインカッター。



b0177760_01375576.jpg

反対側のサイドポケットには万が一に備えてオエオエ棒。

あまり使う事はないですが・・・。


以上、淀川とかで私がオカッパリする時は大体これぐらいのルアーで釣りしてます。

これだけあれば一日オカッパリするくらいなら私にとっては充分な量です。


ちなみに『wobble shad 7.5"』とか、
このバックに入らないルアーを持って行く時はこのバックを使います。




そんな感じで今回は私がいつもオカッパリで使ってるバッグを紹介してみました。

釣り用のバックとして考えるとお値段は多少張りますが、
デニムメーカーのサムライジーンズが上質なデニム生地を使って作ったバックなので、
かなり長持ちするし、デニム特有の経年変化を楽しめます。



b0177760_01575661.jpg

革が使われている部分には定期的にミンクオイルを擦り込んでやると
さらにイイ風合いになりますね。


釣り用のバッグって色々ありますが、私は経年変化を楽しみながら長く使い続けられる
サムライジーンズのバッグを釣り用として愛用しています。


今日はそんなお話でした。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-24 02:07 | お気に入り
昨日はお得意様との淀川実釣講習会。

定期的に行われているこの講習会ですが、今回はかなり不安でした。


なぜなら、「事前の下見をする時間がない!」


ぶっつけ本番で案内してもなかなか難しいかもしれませんよという事は事前にお伝えしたんですが、
お得意様のスケジュールもあるのでこの日に決行することになりました。



b0177760_09270884.jpg

しかし、入りたかったポイントはかなりの増水でニーブーツではちょっと厳しい状態。

あきらめて引き返しました・・・。


自転車で移動するならまだしも、移動は徒歩なのでかなりのタイムロスです。

こういうタイムロスを無くすためにも事前の下見はやっぱり大切だと改めて痛感です・・・。




b0177760_09344395.jpg

別のポイントへ移動してちょっと様子を見てみます。

魚の反応無いですねぇ・・・。



おかしいなぁ・・・魚がいないハズはないんですが。

私もちょっと釣りしてみます。




数投目にロッドティップがギューーンと引き込まれました!



b0177760_09502571.jpg

やっぱり魚はいましたよ。

バスではなくて〝マス〟でしたが・・・。




b0177760_09572022.jpg

このマスはおそらく芥川の管理釣り場から逃げ出してきたヤツだと思われます。

芥川と淀川は高槻辺りで合流するので流れてきた魚が淀川で釣れても不思議ではありません。


まぁ、私も淀川でマスを釣ったのは初めてですけどね。




b0177760_09384141.jpg

ちなみにヒットルアーは『Smile worm』のネコリグ。

NOIKEのワームはフィッシュイーターが好むマテリアルで作っているので
バス以外の魚も良く釣れますよ。


結構イイサイズのマスだったのでお得意様のテンションも急上昇。

バスを釣りたいけどマスも釣ってみたいっていう変な雰囲気に・・・。

さすがに淀川で狙ってマスを釣るのは難しいものがあると思いますが・・・。


その後いくつかポイント移動しましたが、
結局この日はビッグサイズの〝バス〟を仕留める事はできませんでした。


今回はダメダメな案内役でスミマセン・・・。マスは釣ったけど・・・。

次回はしっかり下見をして臨みたいと思います。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-22 10:29 | 釣りの事

20年振りのフローター

今日は高山ダムでフローター大会でした。


b0177760_22591745.jpg

20年振りのフローター。

この独特の浮遊感。20年前の若かりし頃のあの感覚が一瞬にして蘇ってきました!

やっぱりフローターって、ただ浮かんでるだけでも何か楽しいですね。


久しぶりに購入したフローターは以前私が乗っていたO型のフローターとは格段に違う快適性。

フローターも20年でかなり進化したんですね。
 


というワケで、20年振りのフローターで初めての高山ダムにチャレンジしたんですが、
まぁ、NOIKEワームがあればとりあえず魚は釣れるかなぁと結構楽観的に考えていました。



実際、魚は簡単に釣れましたよ。



b0177760_23224628.jpg

ブルーギルですが・・・。






サイズアップもサクッとしましたよ。




b0177760_23240891.jpg

ブルーギルですが・・・。






スポーニング絡みのグッドプロポーションの魚も釣れましたよ。




b0177760_23260129.jpg

ブルーギルですが!


釣っても釣っても延々ブルーギル。

ブルーギルの無限スパイラルに陥ってしまいました・・・。




一応ブラックバスも釣ってはいるんですけどね。


b0177760_23292950.jpg

チビッコサイズですが・・・。



唯一の救いは今回優勝された方が『Smile worm Baby』のジグヘッドワッキーで釣ったと言う事。

ワームは悪くないんです・・・。 悪いのは全てヘタッピな私です・・・。



私の釣果は散々でしたが、とても楽しかったフローター大会。


b0177760_23413736.jpg


次回は6月10日の開催です。

それまでに一回ぐらいは練習しときたいなぁ・・・。できるかなぁ・・・。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-20 23:52 | 釣りの事
久しぶりに自作で『TEXAS kemkem』を巻いてみました。


b0177760_02515926.jpg

ホームグラウンドの淀川では
毎年「春爆」のマストアイテムになっている『TEXAS kemkem』。

基本はテキサスリグなので、カバーに対してのスリ抜けが良い事と、
ラバーを巻付けているので、カバーに絡めて誘えるっていうのが最大の利点です。

圧倒的にカバーに強いスモラバとも言えるし、
ラバーのフレア感で誘うことができるテキサスリグとも言えます。


そんな特徴を持った『TEXAS kemkem』ですが、
「春爆」のタイミングだけじゃなくオールシーズン使えるアイテムなので
自分用にちょっと自作で巻いてみました。




b0177760_03041099.jpg

自作用に『kemkem Bullet』としてシンカーのみ単体でも売ってます。

このシンカーのくびれの部分にラバーを巻付けて作ります。




b0177760_03064987.jpg

使用するラバーはもちろんNOIKEの『シリコンフレッシュラバー』

私は『ファインカット』と『レギュラーカット』を半々の量で混ぜ合わせて巻いています。




b0177760_03112738.jpg

巻き上がるとこんな感じ。

長めに残している3本のラバーは『フレッシュラバー』にはない太さのものなので、
この3本だけは他社のラバーを組み合わせてます。



ラバーのカットはお好みでいいと思いますが、
全体のシルエットが丸っこくなるようにカットするのが最近のマイブーム。

製品版の『TEXAS kemkem』もこんな風に少し短くカットして使ってます。


あくまで私のマイブームなので、
こうした方が釣れるっていうのではないんですが・・・。


自作のスモラバ作り、やりだすとハマりますよ。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-17 03:32 | お気に入り