NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

SALTIEVA SEA FUNNEL

今年はちょっとご無沙汰気味のライトゲームですが、
来るべきシーズンに備えてニューウェポンを導入。


b0177760_02225124.jpg


ZPIさんのカスタムハンドルです。



ハンドルの長さが自分的には少し短くてどうもしっくりこなかったんです。


早速取り付けてみました。


b0177760_02225190.jpg

ハンドルのカラーはガンメタルを選択したので
リールとのマッチングもなかなかイイ感じです♪

気になっていたハンドルの長さも個人的に一番しっくりくる絶妙な長さ。


ライトゲームをやる時の私のメインルアーは
『wobble shad 2"』のジグ単(ジグヘッド単体)なんですが、
より繊細なリトリーブでワームのポテンシャルをさらに引き出したいと思っているので
このハンドルに変えることでリトリーブの精度は確実に上がると思います。


ちなみにこのハンドル、軽量化にも貢献しています。



b0177760_02225229.jpg

ノーマルのハンドルの重量は16.7g。

これでもかなり軽い方だと思います。



b0177760_02225267.jpg

『SALTIEVA SEA FUNNEL』の重量が11.7g。
※ZPIさんのホームページでは11.5gとなっていますが、
そんなに精度の高いスケールではないので若干の誤差はご了承ください

元々軽いハンドルをさらに5gも軽量化できました!


ハンドル側の軽量化はボディ本体の軽量化よりも
リトリーブの精度アップに大きく貢献すると思います。

実際にフィールドで使うのが楽しみですね♪



ちなみに私、手持ちのスピニングリールは全てZPIさんのハンドルに換えています。


b0177760_02225250.jpg

ハンドルの長さや軽さもさることながら、巻いてる時のボディとハンドルの距離感も
個人的には一番しっくりくるのがZPIさんのハンドルなんですよねぇ。


スピニングタックルの釣りって必然的に繊細な釣りになるので、
自分にしっくりくるハンドルに交換するのが私の中では決まりごとになっています。


ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2018-09-28 03:50 | お気に入り
今日も『kemnpa』について書いていきます。


前回のブログでも書きましたが『kemnpa』ってBITEGUTSシリーズのワームの中でも
最も高比重のマテリアルバランスで作られているのでサイズの割に良く飛ぶし、
フォール時に揺れるテールはナチュラルかつイレギュラーに揺れるため魚に記憶されにくく
オカッパリで使うにはかなり使い勝手の良いワームだと思います。

もちろんボートで使っても良く釣れるんですが、
個人的にはオカッパリで一箇所で粘る釣り方をする時には
『kemnpa』は絶対持っておくべきワームの一つだと思います。

釣れるバスのサイズも比較的大きいですしね。


色んなリグに対応する『kemnpa』ですが、
オカッパリで使うなら私が最もオススメするのがこのリグ。



b0177760_00111102.jpg


ネイルリグです。


画像だと分かりませんがお腹の部分にネイルシンカーを入れています。



このリグを作るのにワーム以外で用意するのはこの2つ。



b0177760_00111187.jpg


スピニングタックルで使うのでフックは『Baby Hook』の#1。
ネイルシンカーは『TG Nail Sinker』の0.45gか0.9gを使います。


b0177760_00111179.jpg


ネイルシンカーを刺す位置はワームの頭から4関節目。

この位置が最もバランスが良いです。


使い方はキャストしてワームをボトムまで沈めたら
ズル引いたり、時々ロッドを軽くチョンチョンと煽って
バスにワームの存在を気付かせてやります。

ロッドを煽った時に『kemnpa』は左右にダートするようなアクションが出るんですが、
フォール時の揺れるテールと相まって、かなりナチュラルな艶かしい動きをします。



『kemnpa』のネイルリグって私もスタッフに教えてもらった釣り方で
最初は別にノーシンカーでもいいんじゃないのって思いましたが、
ネイルリグにすることで姿勢がより安定し、根掛かりも少なく、
底取り感があって使いやすくなりますね。飛距離も若干伸びるし。

流れのある場所ではナチュラルドリフトも有効ですよ。


淀川本流のオカッパリだったら『kemnpa』のネイルリグでのナチュラルドリフトを使いこなせれば
釣果は劇的に変わってくると言っても過言ではありません。


『kemnpa』ってNOIKEのワームの中でもいぶし銀的な存在で
誰もが好んで使うタイプのワームではないかもしれませんが、
オカッパリでビッグサイズを良く釣る人は大抵『kemnpa』を上手く使いこなしています。


〝 kemnpa使いは釣り上手 〟

私の中ではそんな格言めいたものがあるくらい
『kemnpa』の使い手は釣りが上手い人が多いです。


ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2018-09-27 01:23 | お気に入り

『kemnpa』の揺れるテール

先日のブログで新色をご紹介した『kemnpa』


b0177760_00142894.jpg

ノーシンカー、ジグヘッド、ダウンショット、ライトテキサス、
キャロライナリグ、ジグのトレーラ等、あらゆるリグに対応するバーサタイルワームです。


BITEGUTSシリーズの中でも最も高比重なアイテムの一つである『kemnpa』。

高比重なので良く飛ぶというのもありますが、
その独特のマテリアルバランスからくるサイズ以上の存在感も魅力です。



派手なアクションで魚にアピールするというタイプのワームではないんですが、
独特のテール形状は地味ながら結構イイ仕事をします。



b0177760_00142834.jpg

『kemkem shad』と同じタイプのこのテール形状。

申し訳程度にちょこんと付いているこのテールですが、
このテールが起こすナチュラルなアクションがニュートラルなバスにも思わず口を使わせます。




b0177760_00142932.jpg
横からテールを見るとこんな感じ。


シャッドテールのように立ったテールではなくかなり寝ているテールなので
巻いて動かすようなテール形状ではありません。



一言で言うと〝揺れるテール〟

フォール時はこのテールが水を受けてユラユラと艶かしく揺れます。

イレギュラーな揺れ方をするので魚に記憶されにくいというのも『kemnpa』の特徴の一つです。



よく飛んで、ナチュラルにアクションして、しかも魚にスレにくい。

オカッパリ派のアングラーにはまさにうってつけのワームだと思います。


次回はオカッパリで是非使っていただきたい『kemnpa』のリグについてお話しします。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-26 02:02 | お気に入り
3連休の最終日。

今日は草津方面で所用があったので、
それを済ませてからダッシュで琵琶湖に行って来ました!


b0177760_22040681.jpg

せっかくここまで来たので少しぐらい釣りしたいっス・・・


そういえば3連休魚釣ってないっス・・・


早く釣らないと日が暮れるっス・・・




日没までの短時間の釣りなのでタックルは1本のみ。


b0177760_22040606.jpg


コレ1本のみっス!




ちなみにルアーも1種類のみ。


b0177760_22040689.jpg



個人的にゴールデンコンビだと思っている組み合わせ。

日没までコレをグリグリ巻きまくるっス!!



グリグリグリグリグリグリグリグリ・・・

グリグリグリグリグリグリグリグリグリグリ・・・


ドーーン!!



b0177760_22040608.jpg


釣れたっス・・・

しかも一投目で・・・




b0177760_22040787.jpg


でも、 細いっス・・・

長さはそれなりにあったけど・・・



私と比較するとさらに細さが際立ちますね・・・

かなりお疲れ気味の魚でした。





というワケで、釣れたので帰るっス・・・

もうちょっと釣りしたかったなぁ・・・



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-24 23:06 | 釣りの事

kemnpaの追加新色

久しぶりの新色紹介です。

今回のアイテムは『kemnpa』


b0177760_16150286.jpg

あらゆるリグに対応する汎用性の高さが魅力の『kemnpa』。

フォール時に揺れるテールが特徴です。


それでは新たに追加された3色をご紹介します。



b0177760_16150215.jpg

『#36 ブルーシュリンプ』

NOIKEのワームの中では比較的新しいカラーですが、
徐々にアイテムも増えてきて最近は定番カラー化しています。

究極の食わせ系カラーとしての能力の高さはピカイチ。

個人的に、次は『Smokin' Swimmer 3"』で作ってみようと目論んでいます。





b0177760_16150377.jpg

『#109 エビミソ』

『Redbee』『machobee』では初回ラインナップから作っていたカラーですが、
最近ジワジワと人気が出てきているので『kemnpa』でも作りました。

『#102 グリパンレッド』と並んでレッドフレーク系の定番カラーとして定着しつつあります。





b0177760_16150316.jpg

『#118 モッシーパンプキン』

他社ではあまり作られないモッシーパンプキンですが、NOIKEではしっかり作ります。 釣れるカラーなんですねどね。

私はウィード周りや枯れ葦、ボトムが砂地の場所で使うことが多いですが、
バスの目線が上向きになるシーズンに爆発的な威力を発揮するという説もあります。



以上が追加の3色ですが、
同じタイミングで定番カラーも3色作ったので合わせてご紹介します。





b0177760_16150324.jpg

『#08 ウォーターメロンシード』

定番ナチュラルカラーのウォーターメロンですが、
NOIKEのウォーターメロンは緑が強めのウォーターメロンではなく
どちらかというとグリーンパンプキン寄りのウォーターメロン。

ウォーターメロンという限りは緑っぽさも残していますが、
個人的には透け感のあるライトグリーンパンプキンという感覚で使ってます。





b0177760_16150347.jpg

『#09 グリパンブルー』

『kemnpa』のグリパンブルーを作ったのはかなり久しぶりになります。

店頭で見かけることも殆どないですね。


超定番カラーの『#09 グリパンブルー』。

何で今まで作ってなかったんだろう・・・ まぁ、忘れてただけなんですけどね。





b0177760_16150346.jpg

『#34 シナモンブルー』

これはもう説明不要の定番カラーですね。

点ではなく面で輝くグリッターが特徴の『#34 シナモンブルー』は
『kemnpa』のボディ形状だと特に効果が高いです。



以上、先日工場から上がってきた『kemnpa』の新色3色と
追加生産の3色をご紹介しました。

店頭にはもう並んでいると思うので是非宜しくお願い致します。



ではまた




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-21 17:58 | NOIKEの仕事

クラシックの権利獲得

バスオブジャパンより届きました。


b0177760_00345388.jpg

10月7日に桧原湖で開催されるクラシック出場権獲得の正式通知。


前回の芦ノ湖戦の時に出場権を獲得できていることは分かっていたんですが、
こうして正式に通知を送ってもらえるとやっぱり嬉しいですね。

大会に向けてテンションも上がります!



今年初めてバスオブジャパンに参加させていただいて、
とりあえず一つの目標でもあったクラシック出場は達成することができました。

クラシックの結果で来年のアメリカ行きの選手が決まりますが、
先日の芦ノ湖戦でハズしてしまった私には
仮に優勝できたとしてもポイント差でアメリカ行きの可能性は残されていません。


だけど泣いても笑っても、次が今年最後のバスオブジャパンの大会。

失うものは何もないので、0か100かのハイリスクハイリターンの釣りで
桧原湖に挑んでみたいと思います!!



ではまた。






[PR]
by waterlettuce | 2018-09-19 01:41 | 日常の事
日曜日のフローター大会で使ったフローター。


b0177760_23231901.jpg

フローター大会は毎月あるので使いっぱなしでもイイかなぁとも思いますが、
長く使うためにはやっぱり日頃のメンテナンスが大切ということで、再度膨らまして洗艇しました。

洗艇って言っても水をかけてタオルで拭いただけですけど。


前回は大会の帰り道に洗車場に立ち寄って高圧洗車機で車と一緒にジャーっと洗ったんですが、
洗車場の水に洗剤が含まれていたようで日曜日の大会の時に膨らませようと思ったら
フローターの一部が真っ白になってました・・・。

洗車場では水洗いのみのボタンを押したハズなのに・・・。
ちゃんと乾かしてから畳んだハズなのに・・・。



b0177760_23231920.jpg

必死に洗剤を落として白くなった部分はあまり目立たなくなりましたが、
洗車場で車と一緒に洗艇するのはもうやめといた方がイイですね。


とはいえ、フローターの洗艇どこでやろう・・・。


マンションやアパート住まいの人はこの問題って絶対あると思うんですよね。

共同スペースの水道って大抵蛇口のハンドル部分が外されていることが多いですし。


b0177760_23231926.jpg

ハンドルだけ買ってきて勝手に使ったらやっぱりマズイですよね・・・。



何か良い方法がないかなぁと色々考えていたら、ネットでこんなものを見つけました。


b0177760_23231973.jpg

海に行った時なんかに使う簡易式のシャワー。

そんなに高いものでもなさそうなのでちょっと試してみようと思います。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-18 00:14 | 日常の事
日曜日は毎月恒例のフローター大会で高山ダムに浮かんできました。


b0177760_00473344.jpg

のんびりとプカプカ浮かんで気持ちイイです。

この独特のスローフィッシングな感覚、最高ですね♪


高山ダムはこのフローター大会の時しか釣りしてないので今回で3回目。

まだポイントとかあまりよく分かってないので今までと違う場所に入ってみました。



b0177760_00473391.jpg

とりあえずはサクッとモーニングフィッシュ。

一匹釣れると気持ちが落ち着きますね。



b0177760_00473453.jpg

『Ring curly 3"』のフリーリグで釣りました。


最近流行っているこのフリーリグ。

個人的には割と早い段階から試してみましたが、
何となくあまり好きになれなくて最近ほとんど使ってませんでした。

理にかなったリグだとは思うんですが、
フリーの状態をどれくらいの長さで作れているかがイマイチ分からないのと
最初に試した時にバスにワームを飲まれることが多かったので次第に使わなくなりました。

とはいえ、最近すごく注目されているリグなので
もう一度思考錯誤しながら使い込んでみようと思います。



b0177760_00473465.jpg

安定釣果の『Smile worm Daddy』でも釣れました。

水の色が若干濁り気味だったので『#103 ダークレット』をチョイス。

もう少し濁っていたら迷わず『#117 マッディグレープ』なんですが、
そこまででもなかったので『#103 ダークレット』で対応しました。

クリアでもステインでも若干のマッディでも、
水の色を選ばずに存在感を発揮できるのが『#103 ダークレット』の強みですね。



ところでワームカラーに関してですが、
私はその日の水の色を基準に、地質や背景や空の色を考慮してカラーローテーションしていくので、
どんな時でもこの色が絶対っていう考えは基本的にないんですが、
フローター大会のメンバーが口を揃えて〝絶対〟っていうのがこのカラー。


b0177760_00473442.jpg

『#109 エビミソ』

みんながしきりにエビミソ、エビミソっていうから
他のカラーで狙った後に同じスポットに入れてみたらまさかの一投目でヒット!

単なる偶然かもしれませんが、メンバーのみんながこれだけ言うってことは何かあるのかもしれませんね。

とりあえず高山ダムに行くときは必ず投げてみようと思います。



この日は他に『Smokin' Swimmer 3"』のダウンショットとかでも釣れましたが、
釣っても釣ってもこのサイズ。


b0177760_00473499.jpg

シャローからディープまでひとしきり狙いましたが、キッカーフィッシュが釣れませんでした。



b0177760_00473420.jpg

次回は10月21日の開催予定。

高山ダムではまだ満足するサイズを釣っていないので
次はビッグフィッシュに狙いを絞った釣りをしてみようと思います。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-17 02:32 | 釣りの事

水中動画

先日の関東出張の際にちょこっとお手伝いさせていただいた
Pro's Factoryさんの水中動画が出来上がったようなので少し紹介させていただきます。


b0177760_22522243.jpg

Pro's Factoryの大久保君。

彼とは数年前の売出しでたまたま隣のブースになり意気投合してからの付き合い。

NOIKE製品を愛用してくれているとのことで嬉しい限りです。


もちろん私もPro's Factoryさんのラバージグはよく使いますよ。


Pro's Factoryさんって日本でおそらく唯一のラバージグの専門メーカー。

「ジグを使うならやっぱりジグ屋のジグでしょ!」ってことで
NOIKEワームに合わせてよく使ってます。

価格と性能のバランスが高い次元で取れているのがPro's Factoryさんのラバージグの魅力ですね。



というワケで水中動画の話なんですが、
基本的にあまり編集などはしないで撮りっぱなしの映像にするとのこと。

それだったらプールみたいな場所で撮ると退屈な映像になってしまうので
背景が綺麗なネイチャーアクアリウムみたいな景色の中でルアーが泳いでいた方が面白いよなぁ
という話をしながら車を走らせて撮影場所を探しました。

事前に大久保君が目処を付けていた場所が完璧だったのでそこで撮影することに。


ちなみにルアーアクションは大久保君、撮影は私です。



それでは動画を紹介していきます。


b0177760_22522264.jpg


↑ ↑ ↑ クリックで動画再生 ↑ ↑ ↑


『PTD』って『PRO's TUNE DEVICE』の略みたいです。

トレーラーはNOIKEの『WILD Goby』


水噛みの良い『WILD Goby』のボディは見た目以上に水を動かしています。

木に引っ掛けてシェイクしてやるとスカートのフレアとの相乗効果で
コンパクトサイズながらも強い存在感で魚にアピールします。





b0177760_22522239.jpg


↑ ↑ ↑ クリックで動画再生 ↑ ↑ ↑


カバーに強い『Donkey BOO』『PTD』の組み合わせ。

『PTD』と『WILD Goby』の組み合わせよりも少しボリュームが欲しい時に有効ですね。





b0177760_22522209.jpg


↑ ↑ ↑ クリックで動画再生 ↑ ↑ ↑


あらゆる状況で使いやすい『MOTION』『Mighty Mama!!』の組み合わせ。

バーサタイルジグという位置づけの『MOTION』ですが、
私は障害物に強いフットボールジグというイメージで使っています。

フットボールジグのレスポンスの良さが欲しいけど根掛かりしそうだなぁって場所を狙う時はこのジグの出番です。

『Mighty Mama!!』とのコンビで過去に淀川で何度もイイ思いをしました。





b0177760_23302633.jpg


↑ ↑ ↑ クリックで動画再生 ↑ ↑ ↑


NOIKEのニューアイテム『Smokin' Swimmer 5"』と『PRO'S SWIMJIG』の組み合わせ。

個人的に今イチ推しのセッティングです。


バタバタと激しく泳ぐ『Smokin' Swimmer』ですが、
水押しは極めてナチュラルな新形状のシャッドテールワーム。

動き出しのレスポンスが良いテールはネジれるようにアクションし、
そのネジれがボディに伝わるようなバランスで作られているので
速く巻いてやるとボディバイブレーションが発生します。

スイムジグのトレーラーにするとボディバイブレーションに連動してスカートが振動するので
デッドスローでも良く動くテールですが、ぜひ早巻きでも試していただきたいです。


シャローフラットを高速巻きでサーチしていくっていうのが私のオススメの使い方ですが、
カバーに絡めながらスピードで仕掛けていく使い方をする時に『PRO'S SWIMJIG』がとても使いやすいです。



以上、4つの動画を紹介させていただきましたが、あくまでPro's Factoryさんの水中動画なので
もちろんNOIKEワームがトレーラーじゃない動画もお手伝いさせていただいてますよ。


例えばこんな動画とか。



b0177760_23303338.jpg


↑ ↑ ↑ クリックで動画再生 ↑ ↑ ↑



他にもいくつか撮ったのでPro's Factoryさんのホームページ内の
『プロズMOVIE』で是非ご覧頂ければと思います。


久しぶりの動画撮影は『強化新型kemkem』のPV撮影を思い出して
とても楽しくお手伝いさせていただきました。

機会があればまた大久保君の動画撮影に協力させて頂ければと思います。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-13 01:41 | 密かな仕事
日曜日に芦ノ湖で行われたバスオブジャパンの第5戦。

今回の大会も前回の七色ダム戦同様、
東地区のイースタンディビジョンと西地区のウエスタンディビジョンの合同戦になります。

この合同戦2試合のボーター部門、コアングラー部門の上位15名ずつが
来月桧原湖で開催されるクラシック戦に参加できるんですが、
レギュラーシーズンの大会としてはこの芦ノ湖戦が最終戦となります。


ちなみにこの時点での私のランキングは
ウエスタンディビジョンのコアングラー部門では3位(同ポイントで3位が2名いますが)。

合同戦ではコアングラー部門での8位という順位。

まだまだ年間優勝のAOYを狙える位置でもありますし、
クラシックに出場してアメリカ行きの切符を掴む可能性も残されています。


そんなワケで、先週は二日間芦ノ湖で練習したんですが、ハッキリ言って何も掴めませんでした・・・。

一応そこそこのクオリティフィッシュを掛けてはいるんですが、
初歩的なミスを犯してバラしてしまっています。



b0177760_12412903.jpg

芦ノ湖のバスの癖も魚のポジションも全く掴めていない状況で迎えた大会前日のプラクティス。

濃霧と強風で朝イチからの出船はできませんでした・・・。


一見穏やかに見えますが、箱根湾から一歩出れば強風によるウネリで
かなり危険な状態になっているので釣りどころではありません。




b0177760_12412901.jpg

係留されている首なしスワンボートはなかなかホラーチックです・・・。





b0177760_12412914.jpg

少し風が収まってきたので船を出しましたが濃霧で視界はかなり悪いです。




b0177760_12412979.jpg

右を向いても真っ白。




b0177760_12412947.jpg

左を向いても真っ白・・・。




b0177760_12413024.jpg

そんな中、突如として現れる大型船。




b0177760_12413078.jpg

芦ノ湖名物の「海賊船」です。

海賊船の形をした観光船なんですが濃霧の中から現れるとマジでビビリます・・・。




前日プラクティスでは大会当日に私のボーターになる
黒田氏のバックシートに同船させていただきました。

当日に入るエリアはかなり絞り込んでいるようなので、
それ以外のバックアップの場所の状況をチェックして回りました。

前日プラクティスで釣り込む必要はないので
黒田氏と私はあえて違うレンジの魚を狙ってチェックして回ったんですが、
バスからの反応は全くありません。



b0177760_12413001.jpg

試しに本命ポイントに入って釣りをしてみると黒田氏にグッドサイズが出ました。

このエリアにバスがいることは確認できたので、
明日はこのエリアでとにかく丁寧に釣りをするというプランで前日プラクティスを終えました。




b0177760_12413094.jpg

そして迎えた大会当日。

前日より風は収まりましたが朝から雨です。



b0177760_12413040.jpg

定刻通り大会スタート。

この日もかなりの濃霧でした。



やるべきことは決まっていたので腹をくくってそれをやり通すのみ!

今回の芦ノ湖戦は、コアングラー部門では一匹でも釣ればシングルはほぼ確定、
二匹釣ったら優勝も狙えるということは事前の情報で分かっていたので
集中力MAXでどんな小さなバイトでも逃さないように丁寧にリグを操作します。



試合開始1時間後くらいで
私に待望のビッグバイトが出ました!


しかしフッキングした瞬間、違う魚であることはすぐに分かりました・・・。

上がってきたのは素晴らしい魚体のニジマス。

かなりよく引いて楽しませてくれましたが残念ながら魚の写真はありません。


ハンドランディングが原則のバスオブジャパンではランディングネットは用意してないし、
フィッシュグリップもありません。

歯が鋭いのでバスと同じように口に手を入れるわけにもいかないし、
背中を掴もうにもヌルヌル滑って掴めません。

エラに指を入れようとしましたが何となく可哀想な感じがしたんで腹側を持って抱え上げるように
ボートに上げようと試みたんですが、モタモタしているうちにバラしてしまいました・・・。


持ち帰って晩ゴハンにしようと思ったのに・・・。

芦ノ湖のネイティブトラウト、食べたかったなぁ・・・。




b0177760_14025100.jpg

晩ゴハンを取り逃がして若干テンション下がりましたが
気を取り直してその後も集中して釣りを続けるも、無念のノーフィッシュで終了しました・・・。

ここまで毎戦ウェイインしてコツコツ順位を上げてきましたが、
最終戦で痛恨のノーフィッシュ。

年間順位も後退してしまいました・・・。




b0177760_14025219.jpg

AOYの座は逃してしまいましたが、
前戦でのポイントが効いてクラシック出場の権利は獲得できました。


次回は10月7日の桧原湖戦。

私にとっては未知のフィールドですが、
次はNOIKEワームが使えるので何とか魚を釣って一矢報いたいと思います。


それにしても大阪から桧原湖って遠いなぁ・・・。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-10 14:58 | 釣りの事