NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NEWデザインのパッケージ

店頭でもうお気付きの方も多いと思いますが、
NOIKEワームのパッケージデザインが新しくなりました。


b0177760_00043683.jpg

画像左が旧デザイン、右が新デザインです。

旧デザインは『BITEGUTS』というブランド名を前面に出したデザインですが、
新デザインは『NOIKE』というメーカー名を前面に出しています。


釣り人あるあるで、旧パッケージの方が良く釣れるとか言われがちですが
旧パッケージも新パッケージも中身は全く同じものです。

単純にパッケージが変わっただけです。



どっちのデザインが好きかと言われたら、私は確実に旧デザインの方が好きです。

パッケージをデザインした本人がこんなこと言ったらいけないかもしれませんが、
同じカラーのワームで新旧両方のパッケージがあったら、
私だったら旧パッケージの方を買ってしまいますね。

それくらい旧パッケージのデザインには強い思い入れがあります。


私の旧パッケージへの思い入れは過去のブログにも書いています。
リンクを貼っておくので興味のある方はご覧になっていただければと・・・

個人的には「その4」をご覧になっていただきたいです。





というワケで話を戻すと、
じゃあなんでそんな思い入れのあるパッケージを変えるのかってことなんですが、
一言で言うと『BITEGUTS』っていうワームのブランド名が
NOIKEと結びついてない状況があると感じたからです。


このパッケージを作った当時は『NOIKE』というメーカーの中に
ワームは『BITEGUTS』、ロッドは『SEITEN』、アパレルは『WaterLettuce』っていうブランドを作って
それぞれに製品展開していくという考えだったんですが、
ワームに関してはお客さんは「BITEGUTSのワーム」っていうよりも「NOIKEのワーム」っていう認識なので、
例えば友達から「NOIKEのワームって良く釣れるよ」って聞いてお店に買いに行っても
パッケージが『BITEGUTS』だと店頭で探しにくいと思うんですよね。

現在20アイテムあるBITEGUTSシリーズですが、これだけアイテム数が増えてくると
NOIKEはワームのメーカーっていうイメージも強くなってきたので、
この際思い切ってパッケージを『NOIKE』のデザインにした方が良いと判断しました。

だけど、今までのパッケージのイメージからかけ離れ過ぎるのも良くないと思うので、
グレーを基調に紅白のラインっていう『BITEGUTS』のイメージはそのまま残して
NOIKEのロゴを前面に押し出したデザインにリニューアルすることにしました。


旧デザインが気に入っていたので個人的には寂しい思いもありますが、
デザインってその時々の状況に応じてベストなものが変わっていくので
時代や状況に合わせてパッケージデザインをリニューアルするってことはよくあることです。

今のNOIKEの状況には新しいパッケージデザインの方が正解なんだと思います。



b0177760_00043638.jpg

最近上がってきた『Redbee』も新デザインのパッケージです。


現在は『kemkem shad』や『Yabby』などの一番小さいサイズのパッケージが新しくなっていってますが、
しばらくは店頭で混在していくことになると思います。

くれぐれも中身は全く同じものなのでそこは誤解のないように・・・。



b0177760_00043766.jpg

ちなみに現在『Mighty Mama!!』や『Donkey BOO』『kemnpa』などが入っている
中サイズのパッケージをデザイン中。

来年以降に生産するものから少しづつ変わっていくと思います。


個人的に気に入っているのは旧デザインのパッケージですが、
新デザインのパッケージの方もどうぞ宜しくお願いします。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-11-07 02:11 | NOIKEの仕事

相模湖でコラボ釣行

今週は週明けから関東方面に出張でした。

b0177760_01485810.jpg

年に数回行くNOIKE布教活動の旅。

500km弱の道のりを愛車でトコトコ走ります。




関東方面に車で行く際に必ず立ち寄るサービスエリアでの楽しみがコレ。


b0177760_01485959.jpg

山盛りのカレーライス。

何となく山に囲まれた湖のようです。




というワケで、出張の最終日に行ってきました。


b0177760_01485927.jpg

神奈川県の相模湖です。



b0177760_01485962.jpg

一緒に釣りをするのはいつも親しくさせてもらっているPro's Factoryの大久保君。

彼はNOIKEワームのヘビーユーザーだったりもします。


彼と相模湖で釣りをするのは今回が2回目。

ちなみに前回の釣行のことは・・・もう記憶に残ってません・・・。




とりあえず前回みたいなことがないように、
早めに魚を釣って気持ちに余裕を持ちたかったので、いきなり禁断のリグを使用。


b0177760_01490654.jpg

『Yabby』のノーシンカーリグ。 

パーツを全部取ってしまっているので『Yabby』の原型はとどめていませんが・・・。


フックを刺す位置で垂直フォールかバックスライドかを切り替えられるのでかなり便利。

フォールスピードやスライド幅はネイルシンカーを入れることで調整します。



これをオーバーハングの下にスキッピングでピピピッと入れてやると・・・



b0177760_01485949.jpg

あっさり釣れました。

とりあえず朝イチの早い段階で魚が釣れると精神的に楽になりますね。



b0177760_01490607.jpg

『イモヤビー』と呼んでいるこのリグ、釣ろうと思えばいくらでも釣れますが
あまりにも簡単に釣れてしまうので個人的にはあまりオススメしません。

用法・用量を守って適度にご使用ください。



b0177760_01490657.jpg

大久保君はスモラバに『kemkem shad』の組み合わせで
プリッとした体型のキレイな魚をゲット。

二人とも早い段階で釣れたので船上トークも盛り上がります。



b0177760_01490636.jpg

私も少しサイズアップ。

簡単に釣れるイモヤビーはやめて『Smile worm Daddy』で釣りました。




b0177760_02532678.jpg

さらに連発。

禁断のイモヤビーを使わなくても大丈夫でしたね。




b0177760_01490621.jpg

その後も飽きない程度には釣れ続くんですが、
ビッグサイズがなかなか出ません。




b0177760_02532686.jpg

大久保君もサイズアップに苦戦しています・・・。




b0177760_02532610.jpg

この日メインで使ったのは、
シャローエリアは『EQUIP HYBRID』『Mighty Mama!!』の組み合わせ。



b0177760_02532677.jpg

そしてミドルレンジは『Smile worm Daddy』のネコリグ。


エリア的にバイトが多かったのは岬周りのミドルレンジでした。

ワームのカラーは上の画像の『#103 ダークレッド』に反応が良かったです。




b0177760_03590433.jpg

夕方のラストチャンスに期待してみましたが、
相模湖のビッグバスはこの日は微笑んでくれませんでした。



残念ながらビッグサイズは釣れませんでしたが
大久保君と二人でお互いのメーカーのルアーを駆使しながら秋の相模湖を楽しめたので
なかなか充実したコラボ釣行でした。

また違うフィールドにも行ってみたいですね。



b0177760_03590426.jpg

帰りのサービスエリアでは、また同じカレーを食べました。

そしてまた釣りに行きたくなるという無限ループです・・・。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-11-03 04:17 | 釣りの事
NOIKEの全てのアイテムを撮影し直すというミッションを仰せつかりました。

ワームだけでも20アイテム、レギュラーカラーのみ撮影するにしても200点以上、
そこにシンカーやジグヘッド等の小物類も撮り直すとなると・・・

もう考えただけで逃げ出したくなります・・・


現実逃避してもしょうがないので
今週末は釣りにも行かずコツコツ写真を撮り続けていました。

まぁ、いずれやらないといけない業務だなぁとは思っていたんですが・・・



というワケで、今週末撮影した『wobble shad 3"』の中から新色を3色ご紹介。




b0177760_20052916.jpg

『#27 レインボースモーク』

以前のブログで少し紹介していますが、
ちゃんと撮り直したので改めてご紹介しておきます。

ベイトフィッシュを意識しつつも魚にプレッシャーを掛けないように
根こそぎ釣りたいっていう時にオススメのカラーですね。

個人的にはボートよりもオカッパリの方が効果を実感しやすいカラーかなぁと思います。




b0177760_20052942.jpg

『#118 モッシーパンプキン』

個人的にはウィードに絡めてよく使うカラーですが、
春先や秋などの魚の目線が上向きになっている時に効くという人もいます。

霞水系で良く釣れるカラーと言う人もいれば、九州では絶対外せないカラーと言う人もいる。

何か分からないけどとりあえず良く釣れるカラーということは間違いないです。




b0177760_20052999.jpg

『#144 ファイヤータイガー』

直訳すると“炎の虎”。 かなり攻撃的なカラー名ですね。



b0177760_20052989.jpg

イメージ的にはこんな感じでしょうか?


どんな時に使うかっていうと・・・攻撃的なモードの時?

スローに粘って釣る時よりも、速いテンポで探していくような時にハマるカラーですね。

個人的にはマッディシャローとか荒れた時に使うことが多いです。


ワームではラインナップに加えるメーカーは少ないですが、プラグでは昔からの定番カラーなので
フィッシュイーターが好む配色であることは間違い無いと思います。



というワケで、引き続き他のアイテムもジャンジャン撮影していかないとダメなんですが、
今から関東方面に出張に行ってまいります。

来週は大阪に居ないので、続きは帰ってからですね。

しばらくの間、少し現実逃避させてください・・・



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-10-28 20:44 | NOIKEの仕事
前回のブログで粕山さんのトーナメントシャツの事を書きながら
昔の事を色々思い返していました。

特にNOIKEのロゴについて。


b0177760_00590802.jpg

このNOIKEのロゴ、
作った時に日本はもとより海外の事も強く意識して作りました。

将来的にそうなればいいなぁという期待を込めて作っていたことを思い出します。


その辺りのことを過去のブログで書いています。

かなり昔の記事ですが、リンクを貼っておくので
宜しければ暇な時にでもご覧になってください。




「NOIKEのロゴ その3」が海外の事についても触れている回です。




バスフィッシングの本場アメリカの地で
サポート選手がNOIKEのトーナメントシャツを着て試合に出場するって
ロゴを作った時には考えられませんでした。

もちろん、いつかそんな日が来ればいいなぁとは思っていましたが、
本当にそんな日が来ることになるとは・・・。

NOIKEのような小さなルアーメーカーにこんなチャンスが巡ってくるのも
バスオブジャパンという団体の特権かもしれませんね。



だけどここ数年、コアングラーで出場した選手は
かなり厳しい戦いを強いられているそうです。

アメリカ各州や各国の代表というツワモノ相手に
バックシートで釣果を出すっていうのは相当ハードルが高いと思います。

まともに釣りをさせてもらえないかもしれません。

だけどバックシートにはバックシートの釣り方があるっていうのも事実。

粕山さんにはNOIKEワームを駆使して何とか爪痕を残して帰ってきてほしいと願っています。
粕山さんなら何かやってくれそうな気がしてるんですよねぇ。



そんな粕山さん、
渡米を来月に控えて荷物のパッキングに苦戦中。

持って行ける重量には制限があるんですが・・・


b0177760_02073170.jpg

NOIKEのワームって基本的に高比重なんですよね・・・。

まさかの高比重マテリアルがアダになるというオチ。


とりあえず、頑張れ粕山さん!



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-10-26 02:46 | オモイノタケ
新しいNOIKEトーナメントシャツを作りました。


b0177760_23425281.jpg

トーナメントシーズンにメンバーが着るのは半袖タイプのシャツですが、
今回作ったのは長袖タイプ。

と言っても、私が着るシャツではありませんが。



b0177760_23425238.jpg

背中には “H.KASUYAMA” と入ってます。

NOIKEメンバーの粕山さんがアメリカでの大会で着るトーナメントシャツです。


大会は来月なんですが、現地の気候的にも半袖タイプだとちょっと厳しいということで
NOIKEトーナメントシャツでは初めての長袖タイプを作りました。



b0177760_23425286.jpg

胸には『BASSMASTER』のロゴが入ります。

B.A.S.S. NATION CHAMPIONSHIPに出場する選手のみが付けることを許されるロゴです。



昨年のバスオブジャパンの大会でアメリカ行きの権利を獲得した粕山さん。

今年はボーター部門で参戦していた粕山さんですが、
昨年は今年私が参戦しているのと同じ、コアングラー部門でのエントリーでした。

バックシートで釣りをするコアングラーでもクラシックまで勝ち残り、
獲得ポイントで一番になれば、アメリカ行きの権利を獲得することができます。


ちなみにNATION CHAMPIONSHIPはアメリカ各州の代表選手や
ヨーロッパやアジア等の各国の代表選手としのぎを削る大会。

今年のJAPAN NATIONのコアングラー部門での日本代表が
NOIKEメンバーの粕山さんというワケです。


そして、NATION CHAMPIONSHIPで各国の代表と戦って3位以内に入賞すれば、
トーナメンターの憧れの舞台、アメリカで開催されるバスマスタークラシックに出場できます!

バスオブジャパンってそんな夢のある団体なんですね。



b0177760_23425301.jpg

粕山さん、相当気合入ってます!

気合が空回りしないかちょっと不安ですが・・・



b0177760_23425357.jpg

全米を泣かすと意気込んでいます!

逆に泣かされて帰ってこなければいいんですが・・・



b0177760_23425383.jpg

日本代表ということで右肩に日の丸を入れました。

NOIKEのトーナメントシャツを着て
バスフィッシングの本場アメリカでのトーナメントに出場するのは
メンバーの中では粕山さんが初めてになります。

なかなか感慨深いものがありますね。


大会の様子はライブ中継などもあるらしいので、
応援していただけると嬉しく思います。


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-10-24 02:29 | NOIKEの仕事