NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今夜は雨の大阪です。

この雨の後はチャンスですよ!!

淀川に行かれる方は『TEXAS kemkem』と『Donkey BOO』をお忘れなく。

私は別の釣り場へ行く予定を立ててしまってたりするんですが・・・。



前回は今年のファーストフィッシュがあまりにも嬉し過ぎて淀川釣行のブログを書いてしましたが、
引き続きNEWアイテムの『Smokin' Swimmer』について書いていきたいと思います。


b0177760_00392158.jpg

前回のブログでどこまで書きましたっけ?


確か『wobble shad』との比較で『Smokin' Swimmer』のアクションの特徴などについて書いていたハズ。

一応説明の流れを掴むために前回のブログから読み返していただけるとありがたいです。



強いウォブリングアクションでアピール重視の『wobble shad』と
シャカリキに動きつつもナチュラルなアクションが特徴の喰わせ重視の『Smokin' Swimmer』。

同じシャッドテールワームというカテゴリーの中でも細かい部分を見ると全く違う形状をしてるんですが、
パッと見た時に一番違いを感じられるのは何といってもこのテール形状。


b0177760_00453349.jpg


湾曲したこのテールが『Smokin' Swimmer』の最も分かりやすい特徴。

水噛みの良いこのテールが動き出しの速さを生み出す秘訣です。




b0177760_00474320.jpg

湾曲したテールで素早く水を掴みつつも、
縦長の細長いテール形状で水を逃がすのでアクション自体は極めてナチュラル。


このハイレスポンスでナチュラルアクションの『Smokin' Swimmer』を
どういうリグで使うのがオススメかというと・・・。



今春リリース予定の3インチサイズに限って言うとすれば・・・。




b0177760_00481219.jpg


ズバリ、ダウンショッドリグがオススメです!!


もちろんシャッドテールワームなので色んな使い方ができる事は大前提なのですが、
3インチの『Smokin' Swimmer』に関してはまずはダウンショットリグで使っていただくのが、
このワームの特徴を最も理解してもらいやすいと思います。


『wobble shad』もダウンショットリグに向いていますが、
どちらかというと重めのシンカーを使ったヘビーダウンショット向き。

それに対して『Smokin' Swimmer』はスピニングタックルで軽いシンカーを使った
ライトタックルでのダウンショットに向いています。

もちろんベイトタックルを使ったダウンショットでも使えますが、
特徴を生かすならスピニングタックルを使った
比較的軽いシンカーでのダウンショットリグがオススメ。

喰わせのシャッドテールという理由が最も分かりやすい使用方法だと思います。




スミマセン。

ここまで頑張って書きましたが、続きは次回にさせてください。

何か今回は前回のおさらいをしただけのような感じですが・・・。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-03-01 02:07 | NOIKEの仕事
NEWアイテムの『Smokin' Swimmer』についてブログを書いてる途中ですが、
今週末は淀川でオカッパリしてきたので、今日はそっちを書いてみようかなと。


ここのところ色々と立込んでいてちょっと久しぶりの釣りでしたが、
土曜日はお客さんとご一緒させていただきました。


b0177760_21074925.jpg

NOIKEのロッド『SEITEN』の購入を検討中との事で、
私の持ってるものを使っていただいたんですが、気に入っていただけたようで何よりです。


デカイ魚を掛けるとさらにSEITENの良さが分かると思うので
この時期にデカイのが釣れそうな場所に移動してみましたが、残念ながら先行者がいました。

仕方ないのでとりあえず手堅く釣れそうな場所で粘ってみましたが、
2回程バイトらしきものがあっただけで魚は釣れず。

魚を掛けた時の良さを分かってもらいたかったんですが・・・。

ロッドご購入後またご一緒しましょうと約束して
土曜日はノーフィッシュで終わりました。



そして日曜日の今日。


b0177760_21274999.jpg

今日は最下流部からのスタート。

一カ所であまり粘らずに要所のみチェックしながら釣り上がり、
いよいよ昨日入れなかった本命ポイントに到着。

今日は先行者がいなかったのでラッキーです。


この時期の定番リグ、『TEXAS kemkem』+『Donkey BOO』を
ラバーに絡めながら丁寧に誘ってやるとグッっと押さえ込むようなバイト!


やっぱり居ました!


今年のファーストフィッシュは淀川本流のブラックバス!


なかなかのクオリティフィッシュだったので
残念な自撮りはちょっと勿体ないなぁと思っていたら、
たまたまいいタイミングでNOIKEの若手スタッフがボートで通りかかったので、
呼び止めて写真を撮ってもらう事に。


ランディング時に少し砂が付いてしまったので
キレイに砂を洗い落としてあげてから写真を撮ってもらおうと水に入れた瞬間!

魚が暴れてそのまま川へお帰りになられました・・・。


茫然自失です・・・。

せっかくいいサイズだったのに魚の写真無いです・・・。


実は毎年何回かこういう事あります。

失敗する度にこれからは気をつけようと心に誓うんですが、
魚が釣れた嬉しさに舞い上がってしまい、暫くするとすぐ忘れてしまいます。

学習能力ゼロですね・・・。


バラしたとか逃げられたとかは魚の写真が無ければ単なる言い訳みたいなので
ブログでは絶対に書かないようにしてるんですが、
さすがに今日の魚は今年のファーストフィッシュという事もあってかなり凹みます・・・。

今日は夜寝られへんやろなぁ・・・。



メンタル崩壊寸前でしたが、今日は落胆よりも執念の方が勝ちました。



b0177760_22334778.jpg


根性でもう一匹釣りました!


さっき逃がした魚よりもちょっとだけいいサイズ!

やっぱり何事も諦めたらダメですね。


今度はたまたま通りかかったオジさんを呼び止めて写真を撮ってもらいました。

オジさんありがとう!!



b0177760_22393170.jpg

1本だけだと偶然釣れただけなのかもしれませんが、
同じようなサイズが2本立て続けに釣れたっていうことは
ボチボチ淀川本流の魚も春のポジションに移行しつつある状態なのかもしれませんね。

連発したのでもう少し釣り込みたかったんですが、
河川公園の駐車場が閉まる時間が迫っていたのでここで終了しました。



b0177760_22473161.jpg

今日釣ったのは2本とも『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』

早春の淀川で毎年ビッグフィッシュを連れてきてくれる実績抜群の組み合わせです。


危うく寝れない夜を過ごす所でしたが、
根性でもう1本絞り出せたので気持ち良く寝れそうです。

ということで、今日はビール飲んで早めにサクっと寝ます!


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-25 22:56 | 釣りの事
今日もNEWアイテムの『Smokin' Swimmer』について書いてみようと思います。

前回のブログではネーミングの由来について書きましたが、
何故わざわざネーミングの話から始めたかと言うと、
『Smokin'』の意味を分かってもらっておいた方が
使った時に「なるほどね!」と思ってもらいやすいと考えたからです。

おそらくいきなり使うと「アレ?」っと思うはず。

それくらい今までのシャッドテールワームとはタイプの違うワームです。



ところで、NOIKEのシャッドテールワームと言えば『wobble shad』シリーズ。

b0177760_20004211.jpg
画像上が『wobble shad 3"』。
画像下がNEWアイテムの『Smokin' Swimmer 3"』。

『wobble shad』と比較すると『Smokin' Swimmer』の特徴がより分かりやすいと思うので、
同じ3インチの『wobble shad』との比較で話を進めていくことにします。



まずはボディ形状。

b0177760_20275704.jpg


『wobble shad』のボディはリング形状。

単純なリングボディではなく、
水を掴む部分と逃がす部分とを考えて作られた複雑な形状のリングボディ。

リングボディの利点は水噛みが良くなることで水を動かす力が大きくなり、
それによってリトリーブの感覚も掴みやすくなります。

また、見る角度によってシルエットが変化するのもリングボディの特徴です。



b0177760_20461292.jpg


『wobble shad』に比べると『Smokin' Swimmer』のボディ形状は至ってシンプル。
一応リブはありますが、基本的にはフラット面にスジを入れた程度です。

水を掴むボディ形状ではなく、水を逃がすボディ形状といった感じでしょうか。

全体的なボディのシルエットもシャッドライクな形状にまとめています。




次はテール形状。ここが一番大きな違いですね。



b0177760_21004879.jpg

『wobble shad』のテール形状は比較的オーソドックスな団扇型のテール。

形状自体はオーソドックスですが、テールの厚みやボディとの繋がり部分の肉盛りの加減など、
ちょっとした事でアクションの質が変わってくるので、
この部分のバランスは開発スタッフが最も時間を掛けてテストを繰り返した部分。

『wobble shad』は最大限に水押しが強いウォブリングアクションが出るように作られています。




b0177760_21295060.jpg
『Smokin' Swimmer』のテール形状。

『wobble shad』と同じように撮れないので、横に寝かせて撮ってます。




b0177760_21334970.jpg

こうやって比較した方が違いが分かりやすいですね。

団扇型の『wobble shad』のテールはいかにも水を掴みそうですが、
『Smokin' Swimmer』のテールはあまり水を掴まなそう・・・。

しかし『Smokin' Swimmer』はここに大きな特徴を持たせています。





b0177760_21442186.jpg

『wobble shad』のテールを横から見るとこんな感じ。

団扇型のテールを斜めに角度を付けたカタチで装着しています。

『wobble shad』に限らず、一般的にシャッドテールワームってこういう感じに
少し角度を付けたテールになっている事が多いと思います。

こうする事によってテールがキレイに動きやすくなるので
このカタチを採用するシャッドテールワームが多いんだと思います。


b0177760_21562169.jpg

しかし、テールに角度が付いていることによって、動き出しの瞬間にどうしても水が逃げてしまいます。

水を掴んでからはしっかり動くんですが、動き出しの瞬間に若干のタイムラグがある。

ワームのサイズが大きくなればなるほどこのタイムラグは大きくなり、
小さいサイズ、例えば『wobble shad 2"』などはそれほどタイムラグは感じられませんが、
このテールの付け方には、わずかながらでもタイムラグが出るということを覚えておいてください。



b0177760_22165145.jpg

そしてこれが『Smokin' Swimmer』のテール形状。


もうお分かりですね。




b0177760_22185632.jpg

『Smokin' Swimmer』の湾曲したテール形状は
動き出しの瞬間に水をしっかり掴むので一般的なシャッドテールワームに比べて
テールアクションのレスポンスがかなり早いんです。

そして団扇型のテールではなく、細長く横幅を抑えたテール形状の為、
動き出しは速いですが、そのアクションは極めてナチュラル。

水押しはナチュラルなんですが、弱々しくヒョロヒョロ動くんじゃなくてシャカリキにパタパタと動く感じ。


そのアクションの感じがとても『Smokin' 』なんです!


イメージ的にはグラブとシャッドテールの間の子のようなアクションって感じですかね。



水噛みの良いリングボディに強くウォブリングするテールが装着された『wobble shad』は
水押しの強いアピール重視のシャッドテールワーム。

それに対し、水を逃がすシャッドライクなボディ形状に
レスポンスの良いテールが装着された『Smokin' Swimmer』は
ナチュラルなアクションが特徴の喰わせ重視のシャッドテールワーム。

プラグで例えるとクランクベイトとシャッドぐらいの違いがあります。

シャッドっていうか、バイブレーション的な要素もあるんですが・・・。



同じシャッドテールワームでも『wobble shad』とは真逆の特性を持った『Smokin' Swimmer』。

「アピール重視」と「喰わせ重視」で状況に応じて使い分けていただければと思います。




というワケで、今回もかなり長文になってきましたが、
ここまでの説明だったら単に形状の違いからくるアクションの性質を説明しただけ。

大事なのはこの先の話です。


『Smokin' Swimmer』のテールは今までにあまり無いタイプの新しい形状と言えますが、
ナチュラルなアクションを生み出すためだけにこの形状になったワケではありません。

ナチュラルなアクションのシャッドテールワームって他にも沢山ありますから。


動き出しが早くてナチュラルなアクションっていうのが『Smokin' Swimmer』の特徴。

ナチュラルなだけじゃなくて、動き出しが早いっていうのがキモです。

そのためにこういうテール形状になっています。



新形状・新機能だから良いというのではなく、
大事なのはそれをどう使って釣果に結びつけていくか。

この時期は各社から新製品が発表される時期なので、あえてその事を声を大にして言いたいです。

せっかくの新機能も意図を理解して使わなければ宝の持ち腐れなので・・・。


というワケで、次回はいよいよ『Smokin' Swimmer』の確信に迫ります。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-23 23:41 | NOIKEの仕事
今年何度かあった問屋さんの売出しで受注していたNEWアイテム。


b0177760_23174145.jpg

おかげさまでたくさん受注できました。

これ以上受注したら数が足りなくなるくらい・・・。


ありがとうございます!


だけどこのアイテム、正しく商品説明できなかったら
いくら新製品とはいえここまで受注の数が伸びなかったと思います。

どれだけこだわって良いモノを作っても、
それがキチンと伝わらないとお店の方は仕入れてくれません。

NEWアイテムはいつもNOIKEを贔屓にしてくれているお店はもちろんのこと、
今まであまりNOIKE商品が入ってなかったお店も
売出しでの私の商品説明を聞いて多くのお店が注文してくれました。

伝える事の大切さを改めて実感しました。



そんなワケで、今まで諸事情によりお見せできなかったNEWアイテムですが、
そろそろこのブログでもしっかり説明していこうかなと思います。

ただ、商品コンセプトをしっかり理解していただきたいので
かなりの長文になることが予想されます。

長くなり過ぎると読む方も疲れると思うので、何回かに分けて説明することにしますね。




今回のNEWアイテム、商品名は『Smokin' Swimmer』と言います。


b0177760_23291816.jpg

『Smokin' Swimmer』の『Smokin'』は煙って言う意味ではありません。

一般的には煙を上げるという意味で正しいんですが、
この場合の『Smokin'』はシャカリキに動く様を表すスラングです。

『Cool』を冷たいっていう意味じゃなくて、カッコイイっていう意味で使うような感じですね。



b0177760_00044075.jpg

蒸気機関車がさらにスピードを上げるために石炭を汲めてもくもくと煙突から煙を出して
シャカリキに車輪を回して走っている感じをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。


NEWアイテムはそういう「Smokin'」なアクションが特徴のワームです。




ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、ワームの形状はこんな感じ。

b0177760_00225783.jpg

『wobble shad』とは全く違ったコンセプトの新しいシャッドテールワームです。


このワームがどんな感じで『Smokin'』に動くのか?
なぜ『wobble shad』と違うタイプのシャッドテールワームを作ったのか?

そのあたりの話を次回のブログで書いていこうと思います。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-22 00:37 | NOIKEの仕事
昨晩は仕事終わりでスタッフと電話ミーティング。

ヒートアップしたトークは明け方まで続きました・・・。

そのまま朝まで残りの業務を済ませ、
少し仮眠をとって昼からでも釣りに行こうと思っていたら、
目が覚めたら夕方でした・・・。


明日は所用で釣りに行けない事が確定しているので、
今週もまた釣りに行けない週末になってしまいました・・・。


無念です・・・。





そんな釣りに行けないストレスを物欲で紛らわせます。


b0177760_17464893.jpg


ライトゲーム用に導入してみました。


主に『wobble shad 2"』で楽しんでいるソルトのライトゲームですが、
今まで使ってたのはお古でいただいた15年以上前のバス用のスピニングリールだったので、
さすがに巻き心地にかなりゴリ感が出ていました。

それでも問題なく魚は釣れていたので別にイイかって思ってたんですが、
使っているうちに何となく『wobble shad 2"』のポテンシャルを
まだまだ引き出せていないような気がしてきました。

もっと繊細にリトリーブしてやれば今まで以上に魚が釣れそうな気がするんです。

そんなワケで次回のライトゲームで使ってみたいと思います。



実は私、今年のファーストフィッシュをまだ釣ってません・・・。

最近は夜しか釣りに行く時間がとれないスケジュールになっているので
サクっとライトゲームでメバルやガシラを釣ってもいいんですが、
ファーストフィッシュはやっぱりバスで!という思いもあり、
なんだかんだでファーストフィッシュをこじらせたまま現在に至ります。

まぁ、毎年こんな感じなんですけどね・・・。


暖かくなって普通に釣れだしてからよりも、
やっぱり冬の貴重な1本で今年のスタートを決めたいんです!

でも、新しいリールも早く使いたいし・・・


まずは釣りに行く時間を確保する事が先決ですね。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-17 18:12 | 日常の事