NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今年から参加させていただいているバスオブジャパン


b0177760_22471818.jpg

この団体ではバスフィッシングのトーナメント活動だけではなく
次代を担う釣り人の育成と釣り場の環境美化にも積極的に取り組んでいます。




b0177760_22523210.jpg

「次代を担う釣り人の育成と釣り場の環境美化」って口で言うのは簡単ですが、
それを団体任せにするんじゃなくてメンバー全員でその活動に取り組むというのが
バスオブジャパンの趣旨であり、メンバーに課せられる義務でもあります。

私達NOIKEはその趣旨に賛同し、協賛させていただいてるんですが、
私も今年からメンバーになった以上、その活動にはもちろん参加させていただくワケで・・・




b0177760_23020797.jpg

とまぁ、そんな流れで今日はこちらにお邪魔しました。

三重県の管理釣り場『サンクチュアリ』さん。


今日はこちらで行われるバスオブジャパン主催の『ファミリーフィッシング教室』に
僭越ながらインストラクター役として参加させていただきました。




b0177760_23062214.jpg

普段は「バス釣り」ですが、
今日は「マス釣り」です!


トラウトフィッシングって実はそんなに経験が無いですが、フィッシュイーターをルアーで釣るっていう部分では
バスフィッシングやソルトウォーターのライトゲームなんかと共通する部分が多いと思います。

もちろん突き詰めればマニアックでディープな世界があると思いますが、
とりあえず魚を釣るだけならば基本さえ抑えておけば何とかなるかなぁと。

インストラクター役なので上手く教えれるかどうかはちょっと不安だったんですが・・・。




b0177760_23403057.jpg

というワケで実釣スタート。


私が担当させていただいたのは小学2年生の男の子とそのお父さん。

お父さんは普段バス釣りをされているとのことなので自由に釣りをしていただいて
私はお子さんに手取り足取りレクチャーします。


キャストがキチンとできるお子さんだったのでこれは楽勝で釣れるだろうと思ってましたが、
実際やってみるとこれがなかなか苦戦しました・・・。


基本はレンジ合わせとリトリーブスピードなので、それができれば魚は釣れるはずなんですが、
言葉で子供にそれを伝えることはやっぱり難しいです。

だけど二人羽織状態でロッドの角度とかリールを巻くスピードとか教えると
アッという間にコツを掴んでくれました。

おそらく普段お父さんに釣りを教わってるからだと思いますが、
それにしても子供の吸収の早さには驚かされますね。




b0177760_23523615.jpg

お父さんはコンスタントに釣るんですが、お子さんになかなか一匹が来ません・・・。


ザーザー降りの雨の中、それでもめげずにキャストを繰り返すお子さん。

教えたことをしっかり守ってくれてるのでチェイスは何度もあるんですが、フックアップに至りません。

いつ釣れてもおかしくない感じでルアーをリトリーブできてるんですが・・・。



あともう少しで終了という時間まであきらめずにキャストを繰り返すお子さんの熱意に
釣りの神様が微笑んでくれました。



b0177760_00222274.jpg

やっと釣れた一匹は
おそらくこの日のMAXサイズ!!

やっぱり魚釣りは最後まであきらめたらダメですね!


直感ですが、この子はこのままずっと釣りを続けたら
相当上手くなると思いました。



b0177760_00251227.jpg

お父さんと記念撮影。

この一匹がお子さんの良い思い出になってくれれば嬉しいです。


そしてこのニジマスは、バスオブジャパンメンバーの腕利き料理人が
キレイに三枚におろしてお持ち帰りいただきました。




b0177760_00325229.jpg

釣りの後は釣った魚を塩焼きにして食事タイム。

自分で釣った魚を美味しくいただくっていうのもお子さんにとっては貴重な体験だと思います。



そんなワケで、つたないインストラクター役でしたが
最後にお子さんがでっかいニジマスを釣ってくれたのでかなりホッとしました・・・。


今回ご参加いただいたご家族の皆様、ありがとうございました!
また次回も是非ご参加下さいね。

そして運営スタッフの皆様、お疲れ様でした。

こういった活動は釣りの未来に繋がることなので、
NOIKEとしても今後もご協力させていただければと思います。


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-05-14 01:03 | 釣りの事
ボチボチ店頭に並んでいる『Smokin' Swimmer 3"』。

おかげさまで好評のようです。

ありがとうございます!!


早速ですが、今日も前回に引き続き初回リリースのカラーについて書いていきます。




b0177760_01500009.jpg

『#49 バブルガム』


この時期に使う人が多いこのカラー。

何故この時期に使う人が多いかは言わずもがなですね。


もちろんこのまま使っても全く問題ないんですが、
私はこのカラーは日焼けさせて、あえて少しピンクを抜いて白っぽくしたものを良く使います。

天気のいい日に車のダッシュボードの上とかに放置しておくとピンクが抜けて白っぽくなります。

キレイに白くするんじゃなくて時々ひっくり返したりしながら
まだらに色を抜いた状態のモノが個人的にはお気に入りです。


何でわざわざそんな面倒くさいことをするのかは、分かる人には分かるハズ。

気になったら一度試してみてください。




b0177760_02104605.jpg

『#55 ブラック』


BITEGUTSシリーズでは珍しいブラックのワーム。

最近『Donkey BOO』でブラックブルーを作りましたが、ラメの無いソリッドブラックは今回が初めてです。


主に低水温期のリザーバーでのディープ攻略を想定してラインナップに加えましたが、
私はブラックのワームに強い思い入れがあるのでオールシーズン使います。

ブラックは最もワームのシルエットがハッキリ出るカラーなので動きもしっかり見えるし、強い存在感を放ちます。

それが時として諸刃の刃となる状況もあるんですが、
ブラックのワームって勝負が早いというか、ヤル気のある魚が喰ってくるイメージがあるんですね。


ここで一発デカイのが欲しいって時に使いたい、個人的に勝負カラーの『#55 ブラック』。

男ならブラックで勝負!! そんな感じです。





b0177760_02465924.jpg

『#103 ダークレッド』


BITEGUTSシリーズの中で人気・実績No.1のこのカラー。

地域差はありますが、持ってないと不安になる人も多くいる程の人気カラーです。

特に関西より西側はダークレッド信者の人が多い傾向にありますね。


もちろん私も良く使うカラーなんですが、個人的にはダークレッドって
何かに突出してるというよりは高いレベルで守備範囲の広いカラーっていう印象です。

クリアでもマッディでも水の色を問わずよく釣れるカラー。

ナチュラル系の守備範囲が広いカラーが『#01 グリーンパンプキン』で
存在感の強いアピール系の守備範囲が広いカラーが『#103 ダークレッド』。

そんな感じでしょうか?


NOIKEのワームを良く使う人でダークレッドを使ったことがない人は少ないと思いますが、
もしまだ使ったことがないとしたら、かなり損してると思いますよ。





b0177760_03125560.jpg

『#139 モーターオイル/ゴールド』


このカラーに関しては、このブログでも過去に何度か書いてますが、
ワームカラーとしてはとても歴史の長い古典的なカラーです。

特徴は何と言っても水の中に入れると変色するということ。

空気中ではオレンジっぽく見えますが、水の中に入れると苔っぽいグリーンに変色します。

輪郭がボヤけるように変色するので、ボトムの地質によってはかなり自然に溶け込みます。


光にかざすとオレンジが鮮やかに際立つので、
鮮やかさと曖昧さの独特の色調変化に魚が強く興味を持つんだと思います。


このカラーの水の中での見え方は過去のこの記事をご覧いただければと思います。




以上、『Smokin' Swimmer 3"』の初回リリースのカラー紹介でした。

デリバリーの関係で数日のタイムラグはあると思いますが、
現時点で店頭に並んでいるお店も多いと思うので、週末の釣行で是非お試しいただければと思います。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-05-11 03:49 | NOIKEの仕事
いよいよ発売になった『Smokin' Swimmer 3"』。

早い所ではボチボチ店頭に並んでいるようですね。

GWには間に合いませんでしたが、今週末の釣行で是非お試しいただければと思います。


大阪の若手スタッフと、九州の若手スタッフが
それぞれブログで『Smokin' Swimmer 3"』について書いてくれているので、
宜しければそちらも参考にしつつご使用いただければと思います。

大阪の若手スタッフのブログ →『淀川バス釣りのことなら!?』

九州の若手スタッフのブログ →『武士道fishing』



で、今回私のブログでは彼らのブロブに被せて書くのも何なので、
初回リリースのカラーのことについて書いてみようと思います。


前回のブログでもカラーチャートをご紹介しましたが、
『Smokin' Swimmer 3"』は全13色のリリースになります。

初回リリース分は単色カラーの9色。

ツートンカラーの残りの4色は今月末から来月辺りのリリースになると思います。



では、各カラーを紹介していきますね。



b0177760_00080932.jpg

『#01 グリーンパンプキン』


今さら紹介するまでもないですが、定番中の定番カラー『グリーンパンプキン』です。

BITEGUTSシリーズのワームには必ずラインナップされるこのカラー、
唯一このカラーが無いアイテムは『wobble shad 7.5"』だけですね。

どんなフィールドでもとりあえず迷ったらこのカラーっていうぐらい、ハズさないカラーの代表格です。

安定感抜群の超実績カラー、「とりあえずビール!」って感じで「とりあえずグリーンパンプキン!」ですね。





b0177760_00153235.jpg

『#28 レインボーメロン』


このカラーは『Smokin' Swimmer 3"』で初採用となる新色です。

基本は『#08 ウォーターメロンシード』がベースになっているんですが、
多過ぎず、少な過ぎずの絶妙なバランスでレインボーフレークが入ってます。

画像で白っぽく見えるのはシルバーフレークじゃなくて、見る角度によって7色に輝くレインボーフレーク。

レインボーフレークって撮影がスゴく難しいので上の画像ではちょっと分かりにくいですが、
実際手に取って見ていただければ「オッ」と思ってもらえるハズ。

今回のラインナップの中でも個人的にかなりグッときているカラーの一つです。





b0177760_00271487.jpg

『#34 シナモンブルー』


これも定番カラーですね。

この手のカラーってここ最近安定して人気があるので各社ラインナップに加えていると思いますが、
BITEGUTSシリーズのシナモンブルーの特徴は、極小のブルーグリッターを多く入れ込むことで
「点」ではなく「面」で輝いて魚にアピールすること。

ボディにフラット面が多い『Smokin' Swimmer』では、その効果はより強く発揮されます。





b0177760_02492919.jpg


『#44 チャートリュース』


ワームカラーとしては昔からある定番の『チャートリュース』。

最近ではお世辞にも人気のあるカラーとは言えませんが、
全国の “チャート使い” のアングラーの為に『Smokin' Swimmer』でもしっかりラインナップに加えました。

チャート系のカラーをラインナップから外すと玄人アングラーが納得してくれないんですよね・・・。


BITEGUTSシリーズのチャートリュースの特徴は奥ゆかしく繊細なグリッターの配合。

以前のブログでもその辺のことを詳しく書いているので読み返していただければと。


最近は使う人が少なくなってきたチャートリュースですが、
特徴を理解して使えば、時として他のカラーを凌駕する釣果を叩きだすこのカラー。

個人的なチャートリュースの使いどころに関しても以前のブログで書いているので
そちらも合わせて読み返していただければと思います。




b0177760_01241795.jpg

『#48 クリアーワカサギ』


『wobble shad 2"』『wobble shad 7.5"』でリリースされているこのカラー。

シャッドテールワームと相性の良いベイトフィッシュライクなカラーですね。


レインボーフレークを散りばめつつも、全体的に間延びしないように極小のブラックシードでキュっと引き締めています。

さらにはほのかに色づくパープルパールで単なる白っぽいカラーにならないように
意外に芸の細かい仕事を施しているこだわりのカラーです。


カラー名は『クリアーワカサギ』ですが、霞水系で定番の春のあのパターンにも
バックリハマるんじゃないかなぁと個人的には期待しています。

『Smokin' Swimmer 3"』のナチュラルなアクションってまさにあの魚そっくりです。

あのパターンが今もまだ継続中なら、是非ジグヘッドリグで試してみてください。




以上、初回リリース9色のうち、5色を紹介させていただきました。

残りの4色はまた次回にご紹介致します。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-05-10 01:47 | NOIKEの仕事
ゴールデンウィークが終わりましたね。

私はこのゴールデンウィークはあまり釣りにも行けず雑務をこなす日々でした。


昨日は半日だけ淀川に行ってみましたがあえなく撃沈・・・。

お目当てのエリアが増水で入りにくかったのと、強風で釣りがしにくかったのはありますが、
この時期の淀川でノーフィッシュって・・・。

かなり凹みます・・・。



b0177760_23410887.jpg

連休中に工場から上がってきました。




b0177760_23421458.jpg

『Smokin' Swimmer 3"』


ゴールデンウィーク中に皆さんに使って欲しかったんですが、
残念ながらゴールデンウィーク中に上がってきてしまいました・・・。

休日返上で出荷準備を済ませておいたので、月曜日に問屋さんへ納品です。

早ければ週の中頃には店頭に並ぶと思います。



b0177760_00162227.jpg


これが『Smokin' Swimmer 3"』のカラーチャートですが、
今回上がってきたのは単色のみなので、左の列が全色と右の列の『#103 ダークレッド』と
『#139 モーターオイルゴールド』の計9色を出荷します。

ツートンカラーの残りの4色も今月中には上がってくるんじゃないかなぁと思います。



月曜日の出荷のタイミングで、『wobble shad #3』のニューカラーも同時に発送します。


b0177760_23534227.jpg

『#27 レインボースモーク』

4インチの『wobble shad』にはあったカラーですが、
3インチでもリリースすることになりました。


水の中に入れるとベイトフィッシュっぽく見えるカラーなので
ベイトフィッシュが多いなぁと感じたら是非使ってみてください。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-05-07 00:03 | NOIKEの仕事
前回に引き続き、徳島県の旧吉野川で行われた
バスオブジャパン第2戦のトーナメントレポートです。


b0177760_12502041.jpg

粕山さんのボートに同船した前日のプラクティスで
魚のポジションと喰わせ方は何となく把握できましたが、
大会当日のボーターの方は粕山さんとはまた違った釣りを展開していくワケで
バスオブジャパンにコアングラー部門で参加するバックシートの選手は
ボーターの選手の釣りに柔軟に対応していくことが求められます。

なので、プラクティスの感触は頭の片隅に置いとくぐらいにして
頭の中を一旦リセットして大会に臨みました。



b0177760_13190463.jpg

大会スタート。

ペアを組んだボーターの田中氏が選んだエリアは
前日プラクティスでは一度も入らなかったエリアでした。

だけどこのエリアを構成する要素は、私のホームグラウンドの淀川で
今釣れているエリアと条件が酷似しています。



案の定、答えはスグに返ってきました。


b0177760_13441671.jpg

私のライブウェルに魚が1本入りました。

幸先のいいスタートです!

朝イチに魚が釣れると精神的にもかなり楽になるのでこの1本はかなり重要。



b0177760_14064244.jpg

ちなみにヒットルアーは『wobble shad 3"』の5.2gダウンショットリグ。

シンカーウエイトは状況に合わせて調整が必要ですが、淀川でもこの時期テッパンのリグですね。


カラーは『#97 チェリーシャッド』。春のささ濁りの状態ではこのカラーが効きます。

去年もこの時期の淀川でささ濁りの水の色でビッグフィッシュに効果がありました。
この日の旧吉野川はまさにそんな水の色だったので、迷わずこのカラーをチョイスしました。

詳しくは過去の記事の『ささ濁りにはチェリーシャッド』の投稿をご覧いただければと。




しかしここから “無” の時間が続きます・・・。

田中氏とも話しましたが、原因はおそらく “風” かなぁと思います。

あとは水温ですね。
この時期のビッグバスは水温が上がる昼から突然ヤル気を出すことが多いです。


私が釣ったタイミングではイイ感じに吹いていた風がその後ピタっと止んでしまいました。
朝のうちなので水温もまだ上がりきっていない状況。

予報では10時くらいからまた風が吹き出すハズなので、それまでは我慢の釣りに。



しかし、その風が予報に反して一向に吹かない・・・。

風待ちで近くのポイントを数カ所回ってみましたが、
バイトはあるもののフックアップできず。

こういうタイミングの時って喰わせのライトリグでコツコツ拾っていきたい所ですが、
それをやるにはストレッチが長過ぎて無駄に時間が掛かってしまう感じでした。



遅ればせながら良い風が吹き出したのが大会終了の45分前。

やはりそのタイミングでボーターの田中氏がグッドサイズを釣りました。


水温が上がったこのタイミングで吹き出した待望の風。

しかし会場から最も遠いエリアで釣りしていた私達はそろそろ戻りださないと帰着遅れになってしまいます。

旧吉野川はスローエリアが多く、特に私達が釣りしていたエリアから戻るためには
工事中の長いスロー走行区間を通る必要があるので、帰着までに30分くらい掛かってしまいます。

後ろ髪を引かれる気持ちをグっと堪えながら本命エリアを後にしました。


釣りにタラレバは禁句ですが、風の吹くタイミングがあと1時間早かったら
状況はまた違ったものになっていたかもしれません。




というワケで、無事帰着してウェイインです。


b0177760_14514801.jpg

私は朝イチに釣った魚が結構良いサイズだったので、
1本のみのウェイインでしたがコアングラー部門の3位に入賞することができました!



b0177760_15033090.jpg

念願の楯をゲット!

前回の七色ダム戦ではあと一歩で楯に届きませんでしたが、
今回はバックシートの選手は苦戦されていた方が多かったみたいで
何とか楯をゲットすることができました。


b0177760_15142015.jpg

この楯、欲しかったんですよね♪

B.A.S.Sのロゴが入っていて、何かカッコ良くないですか?

優勝の楯はこれよりさらにカッコいいので、いつかは取りたいですね。



b0177760_15201060.jpg

今回ペアを組ませていただいた田中氏とツーショット。

田中氏もボーター部門の5位入賞で2人ともお立ち台でした。


本場アメリカのトーナメントにも時々参戦している田中氏。

小さなスポットではなく、大きな視点でエリアを見抜く判断力は
後ろで一緒に釣りをさせていただいて色々勉強になりました。

大会中もバックシートの私が釣りにくくならないように
常に配慮してくれた、とてもジェントルな方でした。

朝イチのあの魚はあのボートポジションじゃなかったら釣れてなかった魚だと思います。

田中さん、ありがとうございました!



次は7月1日の入鹿池戦です。

私の中で最大の難関がこの入鹿池戦。

正直ちょっと気が重いです・・・。


まぁ、そんなこと言ってても仕方がないので
なるべく最善を尽くして大会に臨みたいと思います。



b0177760_15335320.jpg

帰りは粕山さんとまた同じ店で徳島ラーメン食べて帰りました。

この味、かなりハマりました。

次回もまたこのお店で決まりですね♪



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-05-01 15:40 | 釣りの事