NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
前回のブログで書いたクリスマスイブの琵琶湖オカッパリで
冬の貴重な一匹を引き出してくれたスピナーベイト。


b0177760_00071805.jpg

何人かの方にチューニングについて聞かれたので
ちょっと詳しく書いてみます。


えっ、別に知りたくないですか?

そう言われてももう書き出してしまってるんですけどね・・・




まず、ベースで使っているのはこのスピナーベイト。


b0177760_00081972.jpg


低水温期のビッグフィッシュパターンである
スローロールをコンセプトに作られたスピナーベイトですね。


ノーマルの状態でも『machobee』をトレーラーに付けて良く使うんですが、
『machobee』のアクションをもっと引き出せないかなぁと
試行錯誤しているうちにたどり着いたのが、先日の琵琶湖で使っていたセッティングです。



b0177760_00302343.jpg

このスピナーベイトはノーマルの状態ではフロントが4番のコロラド、
リアが4.5番のウィローリーフのタンデムウィーロータイプのスピナーベイトなんですが、
一般的なタンデムウィーローのスピナーベイトに比べてフロントのコロラドが大きいのが特徴ですね。



ノーマル状態のこの組み合わせから、フロントのコロラドを残して
リアのウィローリーフをこのブレードに換えます。


b0177760_00302830.jpg

私のお気に入り、HILDEBRANDTのコロラドブレード。

ブレードサイズは5番を使います。


1/2ozのスピナーベイトとしてはちょっとブレードが大きすぎると思うかもしれませんが、
この組み合わせにすることでコロラドタイプのスピナーベイト特有のタテ揺れがさらに激しく出ます。

一回一回のブレードの回転がかなり明確に伝わってくるし、
アクションを目視したら「オッ!」と思ってもらえるくらいに激しくタテ揺れしています。


しかし、このセッティングには大きな問題が一つあって、
リトリーブスピードを上手く合わせないとバランスを崩して横に傾いてしまうんです。

ガコンガコンと強烈な振動でタテ揺れするけど
早く巻くと横に傾いてしまい、ゆっくり巻き過ぎてもブレードが上手く回転しない、
そんなじゃじゃ馬セッティングです。

そもそもコロラドタイプのスピナーベイトってスローリトリーブが前提なので
早く巻くことはほとんどないんですが、いずれにせよこのセッティングは
巻きスピードの許容範囲は狭いということはご了承ください。

まぁ、普通にゆっくり巻いてれば特に問題のないレベルですけどね。





次にトレーラーのワームに関してですが・・・


b0177760_00303400.jpg

私は『machobee』を強くオススメします!



スピナーベイトのトレーラーワームで
私が『machobee』を好んで使う理由がコレ。


b0177760_00305199.jpg

半リブのテール形状。


ボディの後ろ半分が半リブの形状になっているので
上下の動きに対してフレキシブルにアクションするんです。

タテ揺れが強く出るコロラドタイプのスピナーベイトには
正に打って付けのトレーラーワームだと思います。



b0177760_00325884.jpg

先に紹介したダブルコロラドのセッティングだと
テールは上下にこれくらい動いています。

同じようなタイプのワームでも半リブ形状になっていないと
さすがにここまで大きくは動かないと思います。

スカートの揺れ方とは異なるピッチで激しくワームが動くので
より複雑なアクションをスピナーベイトにもたらします。



b0177760_00304114.jpg

ちなみにスピナーベイトのトレーラーとして『machobee』を使う時は
私は頭から1関節目をカットします。




b0177760_00304758.jpg

こうした方が全体のシルエットがまとまるし、
平らなワームの断面がスカートを押し広げるのでスカートが若干フワっとなりますね。




b0177760_00330289.jpg

お約束の『毛先ナナメカット』もモチロン施しています。

まぁ、これをやったところで釣果には全く関係ないと思いますが・・・。



以上が先日の琵琶湖釣行で使ったスピナーベイト+machobeeのセッティングです。


強風で湖面が波立ち、キツイ濁りが入っていたエリアで魚を引っ張り出すには
これぐらい強いルアーじゃないと気付いてもらえないかなぁと思って使いました。

冬の低水温期はバスがエサを追う射程距離も短いので
ゆっくり引けるダブルコロラドは使い勝手が良いですね。

タテ揺れだけにフィーチャーするとダブルコロラドよりも
シングルコロラドの方が強く揺れるんですが、
濁りが入った状況でフラッシングの要素も欲しかったので
ダブルコロラドの方がイイかなぁと。


このセッティングに関しては他にも書きたいことが色々あるんんですが、
全部書いてたらキリがないので今日のところはこのへんで。


良かったら参考にしてみてください。



ではまた。




# by waterlettuce | 2018-12-26 02:54 | お気に入り
昨日はクリスマスイブでしたね。

子供も大きくなり、サンタさんになる必要もない私は
一人淋しく琵琶湖でオカッパリです。


b0177760_00132180.jpg

画像では分かりにくいですが、風が強くて結構濁ってます。

場所的にあまり良くないのかなぁと思いつつも
とりあえずはここで釣りをしてみることに。



この日はちょっと試してみたい釣りがあったので
ほぼ一日中その釣りだけをやり通してみたんですが、
濁りが入った状況では上手く機能しなくて不発でした・・・。



b0177760_01092188.jpg

いくつかの場所を回ってみましたが、
どこに行っても濁りがキツかったです・・・。


試したい釣りで釣果を出すならもっと大きく場所を変えるべきだったと思います。

対岸に行くとか、それとも北湖の方まで移動するかなど色々悩みましたが、
広い琵琶湖で移動に時間を費やして釣りをする時間が減ってしまうのが嫌で
近い範囲での小移動しかしなかったのが失敗でした。




b0177760_00132235.jpg

気がつけばアッという間に日没前。


「ヤバイ! このままではボウズで終わってしまう!!」



さすがにクリスマスイブに一人で琵琶湖まで来てボウズは避けたいので
手持ちのルアーの中で今のこの場所の状況に最もマッチするであろうルアーにチェンジ。


b0177760_00132248.jpg

ダブルコロラドのスピナーベイト。

市販のスピナーベイトのブレードを付け替えて
強烈に縦揺れするセッティングにしています。

リトリーブスピードが合わないとバランスを崩してしまうじゃじゃ馬セッティングですが、
トレーラーの『machobee』が上下に暴れるように激しく縦揺れします。


強風で、濁りがキツく、さらに冬の琵琶湖ということを考えたルアーチョイス。

このルアーで日没までのわずかな時間に勝負を掛けます。




確信のトレースコースを丁寧にリトリーブすると・・・




b0177760_00132265.jpg

メリークリスマス🎶

サンタさんからプレゼントをいただきました♡



イヤ〜、危なかったです・・・

何となくこの日はこんな釣りかなぁとは思ってたんですけどね。




b0177760_00133194.jpg

スピナーベイトのトレーラーに『machobee』。

イイ仕事するので是非試してみてください。




b0177760_00133115.jpg

ちなみにこの日のタックルは『SEITEN C-75HH』一本のみ。

ヘビーバーサタイルのロッドなので使用用途はかなり広いです。


この日は1/2ozのスピナーベイトで釣りましたが、
この時期だったらアラバマリグなんかも使いやすいですよ。

琵琶湖のオカッパリでロッド1本で釣りをするなら『C-75HH』はかなりオススメです。



ではまた。




# by waterlettuce | 2018-12-25 02:39 | 釣りの事
先月アメリカのアラバマ州 Pickwick Lakeで行われた
2018 B.A.S.S. NATION CHAMPIONSHIP。


b0177760_00311698.jpg

NOIKEメンバーの粕山さんバスオブジャパンのコアングラー代表として出場しましたが、
結果は以前のブログでも書いた通り、初日8ポンド4オンス釣って13位スタートと上々の滑り出しをみせたものの
2日目に痛恨のノーフィッシュで残念ながら3日目に進むことができませんでした。

ペアを組むボーターの選手が初日と2日目では変わるため、
初日のような釣りができなかったのは粕山さんにとって不運でしたが、
ここ数年のコアングラー日本代表は厳しい戦いを強いられていたことを考えれば
初日の結果は大健闘だったんじゃないかなぁと私は思います。


というワケで、大会が終わってから少し時間が経ってしまいましたが、
先日ようやく粕山さんに会うことができたので、アメリカでの大会のことを色々聞いてきました。



b0177760_00311666.jpg

いつものラーメン屋で、いつものラーメンミーティング。


アメリカに行っている間に溜まった仕事を
連日深夜までの残業でこなしているのでかなりお疲れのご様子。

ラーメン食べながら寝てました・・・。



半分寝ている粕山さんを無理矢理叩き起こして根掘り葉掘り聞いたんですが、
NATION CHAMPIONSHIPに出場して一番印象深かったのは
出場選手の本気具合が相当スゴイということ。

特にアメリカ各州の代表選手はボーターもコアングラーも
「バスフィッシングにガチで人生掛けてます!」っていうようなアングラーばかりだったそうです。

NATION CHAMPIONSHIPに勝ち残ってバスマスタークラシックに出場するということは
人生が変わるくらい価値のあることなんですね!

M-1グランプリに優勝して劇的に人生が変わる芸人さんみたいな感じでしょうか?



というワケで、前振りはこれくらいにして
粕山さんがアメリカで使ったルアーを紹介します。

初日のウェイインでのインタビューでは「シークレット」って言ってましたね。


b0177760_00311768.jpg

メインで使っていたのは『Smokin' Swimmer 5"』『wobble shad 4"』

これにプラスして『Smokin' Swimmer 3"』をフォローで使用していたそうです。




b0177760_00311758.jpg

『wobble shad 4"』はフリーリグで使用。

渡米前に琵琶湖や淀川でかなり試したそうですが、
シンカーが着底した時のワームの離れ具合とフォールの感じが抜群に良いとのことです。

水噛みの良い立体的なリブと強いウォブリングを生み出すテールがフォール時にブレーキを掛けるので
シンカーが着底した時に絶妙な距離感でワームが離れているんだと思います。

実は粕山さん、今年の琵琶湖では密かにこのリグでかなり釣ってたらしいです。



b0177760_00311744.jpg

そして『Smokin' Swimmer 3"』。

会場となったPickwick Lakeの最上流域はかなりの激流だったそうですが、
『Smokin' Swimmer 3"』を重めのジグヘッドで高速引きしてリアクションで喰わせたそうです。


主にダウンショットリグで使われることが多い『Smokin' Swimmer 3"』ですが、
独特のテール形状はジグヘッドリグで巻いて使うとテールのねじれがボディに伝わり
バイブレーションを生み出すように作られています。

『wobble shad 3"』のジグヘッドリグがクランクベイトだとしたら
『Smokin' Swimmer 3"』のそれはバイブレーションのような感じ。

同じ3インチサイズのシャッドテールワームでも
巻いて使った時のアクションの質はかなり違います。


粕山さんがやった『Smokin' Swimmer 3"』のジグヘッド高速引きは
淀川上流域の速い流れの中でも使えそうですね。

来年のハイシーズンになったら試してみたい釣りです。




最後はこのルアー。

b0177760_00311739.jpg

開発中のプロトのブレイデッドジグに『Smokin' Swimmer 5"』の組み合わせ。


プレイデッドジグはプロトのアイテムなのでまだ全貌はお見せできません。

開発スタッフが琵琶湖や淀川で爆発的な釣果を上げているのがこのブレイデッドジグです。


ブレイデッドジグに関してはここではとりあえずおいといて、
トレーラーの『Smokin' Swimmer 5"』のテールの向きに注目してください。



b0177760_02261642.jpg

ボディを上下反対にしてセットしてるんです。


実はコレ、結構キモだったりします。


開発中のブレイデッドジグのトレーラーには『wobble shad 4"』か『Smokin' Swimmer 5"』、
そして年明けに発売になる『Smokin' Swimmer 4"』を状況に合わせて使い分けているんですが、
ワームのセット方法はほとんどこのアップテールセッティングです。


普通に付けた時と反対向きに付けた時とでアクションがどう変わるのかは
実際に試してみるとすぐ分かります。

開発中のブレイデッドジグと組み合わせて使えば
デカイ魚を引っ張り出せる強いアクションを生み出します。

まぁ、私はほとんど使わせてもらってないので
あまり詳しいことは書けないんですが・・・。


発売前のプロトモデルを使って
粕山さんもアメリカで一足先にイイ思いをしましたね。


羨ましいです・・・



ではまた。




# by waterlettuce | 2018-12-21 02:55 | お気に入り
久しぶりに『kemkem』を巻いてみました。


b0177760_01220656.jpg

とりあえず近々使う予定の数くらいをサクサクっとタイイング。


私は『kemkem』に関しては基本的に自分でスカートをタイイングします。

自分の好みの色に巻きたいっていうのもありますが、
コツコツ巻いているその時間を楽しんでたりもします。


スカートのカットもその時々の自分なりのマイブームがありますね。

昔はフロントラバーをツンツンに短くしていましたが、
最近は全体的にフワっと感を出すようにカットするのが好みです。


スモラバってもちろんスカートも大切ですが、
それよりも心臓部のジグヘッドと組み合わせるトレーラーが重要なので
スカートは好みで巻けばいいと思います。

多少上手く巻けなくてもトレーラーのワームを付けると
そんなに気にならなくもなるし・・・。





b0177760_01221103.jpg

私は空いた時間にいつでもサクっと巻けるように
好みのカラーにスカートを混ぜたものをこんな感じでストックしています。


使うラバーはもちろんNOIKEの『Fresh Rubber』が基本ですが、
他のメーカーのラバーも色々組み合わせて使ってます。

スカートの組み合わせを考えているだけでも時間を忘れて楽しめますよ。


寒い冬は釣りに行きたくないっていう人は
コタツに入ってまったりkemkemを作るのもイイかもしれませんね。

でも、巻いているうちにそれを試しに釣りに行きたくなるのが釣り人の性ですが・・・。


ではまた。






# by waterlettuce | 2018-12-18 03:28 | お気に入り
今週末は大阪も結構冷え込みましたね。

12月中に今年を締めくくるビッグサイズを淀川で釣りたいなぁと目論んでいるんですが、
残念ながらこの週末は仕事場に篭りっきりでした・・・。


b0177760_22105914.jpg

以前のブログでも少し書いた「全NOIKEアイテム撮り直し作業」。

やらないと終わらないので時間を見つけてはコツコツ進めてますが、一向に終わりが見えない・・・。


撮影するだけじゃなくて色補正や諸々の作業を一点一点行うので
思った以上に時間が掛かります。

現時点で全体の半分弱くらいが終わったところ。

まだまだ道のりは長いです・・・。



そんなワケで、今週末撮影した『Redbee』『machobee』の中から新色をご紹介。


まずは『Redbee』。


b0177760_22105954.jpg

『#130 グリーンパンプキン/ブロッサム』

『wobbleshad』の3インチと4インチ
『Mighty Mama!!』でリリースされているカラーです。

背中の色とお腹の色が補色の関係にあたる組み合わせになるので、
『Redbee』のようにジグヘッドのスイミングでロールさせながら使う様な場合は
色調変化がハッキリ出やすいカラーと言えますね。

イメージ的には甲殻類系を意識して使うのが良いかと思います。



このカラーは『machobee』でもリリースします。


b0177760_22105950.jpg

『Redbee』が2.8インチなのに対して『machobee』は3.6インチ。

単純にサイズ違いだと思われがちですが、
ボディ断面の形状が違うのでロールアクションが異なります。


詳しくは過去のブログのコチラの記事で書いているので
良かったら読み返してみてください。




『machobee』にはもう1色追加カラーがあります。


b0177760_22110047.jpg

『#134 ワカサギ』

『Redbee』ではすでにラインナップされていたカラーなんですが、
『machobee』にはラインナップされてませんでした。

まぁ、特に大きな理由があるワケではないんですけどね・・・。


ワカサギカラーってメーカーごとに結構カラーが違うので面白いですね。

ちなみにNOIKEでは『#46 ワカサギ』っていう単色のワカサギカラーもあります。

『#46 ワカサギ』があるアイテムは、現状では『wobble shad 2"』のみですが。



ところでこの『machobee』ですが、
私はホームグラウンドの淀川オカッパリで秋から冬にかけて
魚を探していく時によく使うワームです。


b0177760_22110089.jpg

リグはジグヘッドリグ。

淀川は根掛かりが多いので私はガード付きのジグヘッドを使うことがほとんどですね。

『machobee』の場合『kemkem head』なら#2のサイズがベストマッチです。



使い方は至ってカンタン。

キャストして底まで沈めてボトムから少し浮かせた状態でフワフワと巻いてくるイメージ。

ロッドをタテさばきでヒョイヒョイ動かしながらやるのがやり易いです。



どれぐらい浮かせるかってあんまり意識しすぎなくてもいいですよ。

ボトムから1mぐらいの水深を漂ってたらイイかなぁって感じでOKです。

突き詰めていけばレンジが大切なのは言うまでもないんですが、
それを意識し過ぎて釣りを難しくしてしまうのもどうなのかなぁと。


途中で何かにコンタクトしたらそこでフォールさせてアタリを待ったりもします。

横の動きで誘いながら、ストラクチャー周りもソツなく狙う。そんな感じでしょうか?



『Redbee』と『machobee』は中層スイミングで使うとシャッドのイメージですが、
何かにコンタクトさせればエビのイメージで使えるっていうのが特徴です。

カタチはどちらかというと魚っぽいですが、名前は完全にエビですから・・・。


12月いっぱいぐらいまでは、
どうしても魚を釣りたいって場合に私はこのリグを使うことが多いです。

『Redbee』でもイイんですが、
広く探っていきたいので少しでも飛距離が出せる『machobee』かなぁと。

ベイトフィッシュのサイズ的にもこの時期は『machobee』の方が合ってるように感じます。



そしてこの釣りが効かなくなってきたらリアクションを意識した冬の釣りにチェンジ。

私はそんな感じで秋から冬にかけての淀川を釣っていきます。


良かったら参考にしてみてください。



ではまた。




# by waterlettuce | 2018-12-10 00:12 | NOIKEの仕事