NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:強化新型kemkem head ( 8 ) タグの人気記事

指先が痛いです・・・

『強化新型kemkem』に使用しているジグヘッド。

ジグヘッド単体で『強化新型kemkem head』としても販売しています。

b0177760_136418.jpg

店頭在庫が少なくなっているようなので、只今鋭意製作中です。

冬の間に自作の『強化新型kemkem』を作る人も多いので早く作らないと・・・。

ファイバーガードを一本一本手作業で取付けるので、
まとまった数を作るとなると結構手間が掛かる作業です。



b0177760_1433920.jpg

とはいえ、手作業なので一日に作る量には限界があります。


一日中この作業をすると指先がジンジンします・・・。

明日もまた頑張って作ります。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-12-08 23:49 | NOIKEの仕事

コツコツと作業・・・

今日は久しぶりに『強化新型kemkem head』の製作。

b0177760_21133748.jpg

ジグじゃなくてジグヘッドの方です。




b0177760_21244840.jpg

ファイバーガードを一本ずつヘッドに刺していきます。

ちなみに手作業です・・・。


コツコツ作業して一日が終わりました。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-06-17 21:28 | NOIKEの仕事
ひたすらガードを取り付ける作業が
何とかひとまず終了した『強化新型kemkem head』

b0177760_1130075.jpg

昨日、初回生産分を無事出荷することができました!

早ければ数日後には店頭に並ぶと思うので
お店で見かけた際にはよろしくお願い致します。




b0177760_11335818.jpg

『強化新型kemkem』の心臓部にあたるこのジグヘッド。

好みのラバーを巻いて自作で『強化新型kemkem』が作れるアイテムですが、
単体のジグヘッドとしての完成度も高いので、もちろん単体で使うのもアリです!

個人的にはジグヘッド単体での使用も強くオススメしたいです!!




b0177760_11553073.jpg

私は『kemnpa』と組み合わせて良く使います。

他にも『Donkey BOO』や『Mighty Mama!!』、
『Smile worm Mammy』なんかとも相性がいいと思います。

色々試して自分なりのセッティングを見つけてみてください。


こだわりの要素をたっぷり詰め込んだ『強化新型kemkem head』。
ベイトタックルでの使用を前提に開発した『強いジグヘッド』です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-12-25 12:18 | NOIKEの仕事
世間は3連休だったんですね・・・。

NOIKEスタッフは3連休中ひたすら『強化新型kemkem head』
ファイバーガード取り付け作業に明け暮れてました。

b0177760_3305518.jpg

2.7gは完成したので、3.5gに取り掛かっています。

一心不乱に黙々とガードを取り付けていきます。




b0177760_411940.jpg

そんな私達にサンタクロースの差し入れ。

疲れて体が糖分を欲していたのでありがたい差し入れです。




b0177760_434827.jpg

おかげで作業がはかどりました!

日付が変わるまでかかりましたが、3.5gも取り付け作業完了です。


後は袋詰めして出荷です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-12-24 04:13 | NOIKEの仕事
スマホで自分のブログをイジっていたら
昨日書いたブログを間違えて消してしまいました・・・。

データって怖いです。一瞬で全てが無くなってしまいます・・・。

まぁ、気が向いたらまた書き直して
昨日の日付でこっそりアップしとこうかと思います。




待ちに待った『強化新型kemkem head』が上がってきました!

b0177760_164129.jpg

この写真を見ても良く分からないと思いますが
中には仕分けされたジグヘッドがギッシリ詰まっています。




b0177760_1101777.jpg

スタッフで手分けしてファイバーガードの取付け。

かなりの数を作るので
ただひたすらに黙々と作業をこなします。




b0177760_1172447.jpg

これから数日は延々この作業が続きます。

他の案件や打ち合わせなども平行しながらやらないといけないので
もっと効率的な段取りを考える必要があります。


でもまぁ、こういう単純作業を
みんなでひたすらやるっていうのも
結構楽しかったりします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-12-22 01:30 | NOIKEの仕事
またまた前回のブログからの続きです。


次のこだわり箇所はワームキーパー。

b0177760_16264265.jpg

ヘッドバランスをサポートするとともに
トレーラーワームをしっかり保持できる形状。

このキーパーが太すぎるとワームが押し広げられて
ズレやすくなってしまいます。

滑り止めのギザギサ部分も極端に付け過ぎると
装着時にワームが潰れてしまうのでズレやすくなる原因になります。

スリムなキーパー形状と必要充分な滑り止めで
ワームを潰さずにしっかりとホールドします。




b0177760_17132158.jpg

そして最後はスカートホルダー(赤矢印箇所)。

ラバースカートを巻いた時にラバーがズレずに
この部分にしっかり収まるような幅になっています。

またホルダー後方に引っ掛かりがあることで
リア側のラバーがより自然なカタチでフレアーします。


そして細かなこだわり部分が青矢印箇所の形状。

ここを少しラウンド形状にすることで
フロンドラバーが短いkemkemカットをした時に
ラバーが程良く前に開きます。

ここが真っ直ぐ切り立ったような形状だと
角にラバーが当たってしまい、きれいにフレアしなくなります。

ちょっとした部分ですが、
よりキレイに簡単にkemkemを巻くための細かい配慮です。



長々と書いてきましたが、
以上が『強化新型kemkem head』のこだわり箇所です。

一見オーソドックスな形状ですが、
細かい部分にとことんこだわって製作しています。

違いの分かるアングラーに使い込んで欲しいジグヘッドです。

宜しくお願いします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-10-10 00:05 | NOIKEの仕事
前回のブログからの続きです。


次のこだわり箇所はアイの角度。

b0177760_04858.jpg

最近の流行りは45度アイですが
あえてオーソドックスな90度アイを採用しています。

リグのフォール姿勢と操作感を重視するならアイの角度は90度。

ここだけは竹内プロが絶対だと言い切っていました。


『強化新型kemkem』は主にテトラ・ゴロタ・ハードボトムなどの
ハードストラクチャーでのシチュエーションで使用することをコンセプトに
開発しているんですが、例えばテトラを打っていくような釣りでは
90度アイの方がストラクチャーに対してよりタイトにフォールします。

また、ゴロタやハードボトムのシチュエーションでボトムをズル引く時も
90度アイはヘッドの先端が支点になってストラクチャーをかわすので
意外に根掛かりしにくいという利点があります。

アシやブッシュなどの植物系のストラクチャーには90度アイは弱いですが、
そういったシチュエーションで使う場合には『TEXAS kemkem』があります。

『TEXAS kemkem』との使い分けをハッキリさせるという意味でも
『強化新型kemkem』には90度アイを採用しています。






b0177760_119789.jpg

次はガードの素材について。

ハリのある4本のファイバーガードを使用しています。


b0177760_1212165.jpg

そのまま使用してもOKですが、
このように左右に開いて使ってもらってもいいと思います。

ジグヘッドの重さが比較的軽いので、ガッシリとガードする強さではなく
ガード部分でバネのように弾いてかわす感じの強さです。

色んな硬さのガード素材を試してみて
最終的に一番バランスのいいハリを持った素材を採用しています。



b0177760_2589.jpg

そしてガードの素材とともに重要なのがこのガードホール。

キモは矢印の部分です。


ストラクチャーを上手くかわすガードにするためには
ガード素材の太さからくる硬さと、ガードを付ける角度からくる硬さの
バランスが大事なんですが、そのために重要な役割を担っているのが
このガードホールです。

ガードの角度をしっかり維持するためのガードホールの台座ですが、
特に重要なのが矢印で指している台座の後ろ側の部分。

ガードは後ろに倒れるものなので
台座の後ろ側の厚みがしっかりしていないと効果を発揮できません。

今までのガードホールはこの後ろ側の厚みの部分が
意外に盲点になっていたと思います。

ガードに適度なハリを持たせるには
このガードホールの後ろ側の厚みが重要です。



今日も長くなってきたので続きはまた次回。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-10-09 02:34 | NOIKEの仕事
開発中の『強化新型kemkem』ですが
まずはジグヘッド単体で先行リリースします。

b0177760_17181623.jpg
商品名は『強化新型kemkem head』。

2.7gと3.5gの2サイズをリリースです。

もう少し重めのものも開発中ですが
取り急ぎこの2サイズを12月発売予定で進めています。



というワケで、今日はこだわり満載の
このジグヘッドについてご紹介したいと思います。

以前のブログでも少し書きましたが、スモラバ等のジグにとって
最も重要なパーツは何といってもジグヘッド。

ジグの善し悪しはジグヘッドの出来によって決まります。


従来品のkemkemシリーズも
ジグヘッドにはかなりこだわってきました。

開発中の『強化新型kemkem』は
ベイトタックルでの仕様を前提として製作してるので
今までのkemkemとは違い全てが新設計です。

ジグヘッドも専用に作り直しました。


それではそのこだわりのジグヘッドを各パーツごとにご紹介します。




b0177760_17505481.jpg

まずはフック。

ベイトタックルに対応するため、
オリジナルモデルのkemkemで使用しているものよりも
3番手太いジグフックを使用しています。

ゲイプ幅も必要最低限に抑えて強度を優先した仕様。

小型フックは例えばバスの口の奥などの
フックが貫通しない掛かり方をした時に伸びやすいという弱点があるんですが、
ゲイプ幅の調整と太軸のフックを採用したことで
強引なやり取りでもビクともしない強度を確保できました。




b0177760_18271851.jpg

次はヘッド部分。

素材は国内生産の樹脂タングステンを使用。

海外モノの樹脂タングステンはウエイトに対してどうしても
大きくなってしまうものが多いので、よりコンパクトなシルエットに仕上げるために
少し価格が高くなっても国産の樹脂タングステンを使っています。

ヘッド形状はフォール姿勢とボトムでの安定感を両立させた
ややオーバル状のラウンドタイプ。着定時の横倒れを防ぎます。

これよりもオーバル状にすると
ストラクチャーによっては根掛かりしやすくなるし
これよりもラウンドにするとボトムで横倒れしやすくなるので
その辺の絶妙なバランスを取った
セミオーバルラウンドタイプといった感じの形状です。


スミマセン・・・
今回は一気に書き上げようと思ったんですが、
こだわり要素が多すぎるのでやっぱり長文になってしまいそうです。

続きは次回です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-10-08 18:56 | NOIKEの仕事