人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:Pintail Stick 3" ( 11 ) タグの人気記事

初めての野尻湖

前回のブログからの続きです。

相模湖でPro's Factoryの大久保君と釣りをした後、
その足で野尻湖まで車を走らせました。


途中で温泉に浸かって疲れを取り除いてから野尻湖まで走る予定が
目星を付けていた温泉がまさかの臨時休業・・・。

結局車の中で少し仮眠をとったくらいで、疲れが蓄積したまま野尻湖までドライブ。


b0177760_12180422.jpg

何とか無事にたどり着きましたがこの時点でもうフラフラです・・・。



b0177760_12175153.jpg

野尻湖と言えばナウマンゾウ。ナウマンゾウと言えば野尻湖。

子供の頃、歴史の授業で習いましたね。


野尻湖近くのナウマンゾウのレプリカに、疲れを忘れてテンションが上がります。



b0177760_12180968.jpg

ちなみにこのナウマンゾウ、親子です・・・。



b0177760_12181434.jpg

近くにナウマンゾウ博物館もあるので、
今度時間のある時に立ち寄ってみようかなと。



b0177760_12181961.jpg

とういワケで、私にとっては人生初の野尻湖。

天気が良かったっていうのもありますが、
私が今まで釣りをしてきたフィールドの中で一二を争う景観の良さです!



b0177760_12182421.jpg

野尻湖にはボート屋さんも多いです。

まさにレジャーフィールドって感じの湖ですね。



b0177760_12182785.jpg

早速釣りをスタート!


ちなみに今回は月末に行われるバスオブジャパン第5戦のプリプラクティスです。

初めてのフィールドでいきなりぶっつけ本番っていうのも怖いので、
とりあえず魚が釣れても釣れなくても、何となくどんな感じのフィールドかっていうのを
理解しておくのが今回の目的。


私はバスオブジャパンにはコアングラーでエントリーしているので
試合当日のポイントチョイスはボーターに決定権があります。

だからプラクティスであまりポイントと釣り方を絞り込んでしまうのも危険。

コアングラーはボーターの選手の釣りに上手くアジャストしていく能力が求められるので
何となく全体像を掴んでおくぐらいにとどめておいて、あとは当日どれだけ合わせられるかが勝負です。



b0177760_12183172.jpg

今回は私と同じくコアングラーでエントリーしている
釣り仲間の駒井さんとのプラクティス。

駒井さんは過去に何度か野尻湖で釣りをしたことがあるそうなので、
実績ポイントを中心に湖をグルっとチェックしていきました。



b0177760_12183600.jpg

とりあえず初の野尻湖スモールマウスをGET!

いきなりのビッグスモールにテンションが上がります!!



b0177760_12184128.jpg

ちょっと気になるポイントがあったので、
もう一度チェックしに入ったら、二流し目で釣れました。


今回は全域をチェックするプラクティスなので流しながら釣ってますが、
野尻湖って流しながら釣るんじゃなくて、
魚の回遊ルートで待ち伏せして釣るっていうのが一般的みたいですね。

噂には聞いていましたが確かに皆さんボートポジション固定で釣ってますね。



b0177760_13084509.jpg

初めてのフィールドなので色んなリグを取っ替え引っ替え試しますが、
この日一番反応が良かったのは『Pintail Stick 3"』のネコリグミドスト。

いつも私がリザーバーとかで釣っている釣り方ですね。

天然湖だからとか、スモールマウスバスだからとか、アレコレ考えすぎるよりも
普段の釣りをやり切った方が私には良いのかもしれません。

まぁそれだけ『Pintail Stick 3"』がどこでも通用するワームだってことなんですが。



b0177760_13084857.jpg

いかにもスモールマウスバスって感じの魚体。

キレイです!!



b0177760_13085247.jpg

スモールマウスバスって引きが凄いって良く言いますが、
釣ってみた感想としては良く引くというよりも良く走る魚だなぁっていう印象です。

このサイズのスモールだとさすがに良く引きますが、
ボート際のツッコミはラージマウスの方がパワフルな印象がありますね。

ただ、この独特の魚体は凄くカッコ良くて私は大好きですが♪



b0177760_13085813.jpg

駒井さんはレアなブルーギルをGET!

野尻湖にもいるんですね。



b0177760_13333046.jpg

そんな感じで1日だけの野尻湖プリプラクティスは終了。

この日は『Pintail Stick 3"』に反応が良かったですが、
NOIKEワームがハマる状況は多いと感じました。



b0177760_13333410.jpg

まぁ、『Pintail Stick 3"』はしっかり1パック使い切ったんですけどね・・・。



b0177760_13333749.jpg

釣りができるのが16時迄なので、
明るいうちに大阪に向かって走れるのは良かったです。

深夜のロングドライブは景色を楽しめないのが勿体ないですからね。



b0177760_13334139.jpg

だけど相模湖からフラフラの状態で野尻湖で釣りしてたので、
疲れはピークに達してました・・・。

走ってる時間より寝てる時間の方が長いくらい何度も仮眠をとって
翌日の昼過ぎにようやく大阪まで辿り着きました。


もう若くはないので無理はできないとしみじみ思う今日この頃です・・・。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-08-14 13:45 | 釣りの事

天使の誘惑

先週の週末はプチ出張でした。


b0177760_02342186.jpg

いつものような1週間の出張ではなく、
ちょこっと行ってサクッと帰る。

そんな感じです。



b0177760_02342175.jpg

現地で釣り仲間と再会。

『天使の誘惑』に負けてもう一泊してしまいました。


釣り好きが酒を酌み交わせば話の内容は当然釣り談義。



b0177760_02342297.jpg

『Pintail Stick 3"』のリザーバーでの釣果がヤバイ!って話で
明け方まで盛り上がりました。

ちなみに『Pintail Stick 3"』のリグは以前のブログでも紹介したあのリグです。



結局2人でボトル1本軽く空けてしまいました・・・。


ごちそうさまでした♡




ではまた。



by waterlettuce | 2018-12-04 02:51 | 日常の事
前回、前々回と続いた九州出張の釣りの話も今回で最終回です。


前日の遠賀川での釣りを早めに切り上げて、
私と吉原君は次の目的地に移動。



b0177760_12380067.jpg

翌日はJB九州参戦のもう一人のNOIKEスタッフ野村君と合流。

3人でリザーバーで釣りをしました。


昨日は吉原君がお題をクリアしたので、野村君にも同じお題で釣りしてもらう予定でしたが、
野村君曰く、この時期このリザーバーで5本はかなり厳しいとのこと。

デカイのが釣れる釣り場ではあるけれど、
仲間内の釣果を聞いても1か0かっていう状況らしいです。



釣り場が違えばお題も柔軟に変えた方がいいので
3つのお題から好きなのを選んでもらいました。


⚫︎ 理想はマグナムサイズ、最悪でもスーパービッグ以上を1本
⚫︎ ビッグサイズ2本
⚫︎ 吉原君と同じキロアップ最低1本を含むリミット5本


野村君が選んだのはビッグサイズ2本でした。



というワケでミッション達成を目指して釣りをスタート。

私は野村君のバックシートで釣りをすることに。


野村君はとにかく釣れない釣れないって言うけど、
私的には別に釣れなくもない感じがしたので、いきなり得意のリグを投入。


b0177760_12380519.jpg


リザーバーといえば私的にはこのリグ。
今年はこれにかなり助けてもらいました。


とりあえず魚のレンジが分からないので、
岸に対して直角にバンクの斜面に沿ってミドストします。


すると・・・



b0177760_12380986.jpg

あっさり釣れました♪

結構深いところで食ってきましたね。


まぁ、サイズは全然大きくはないんですが、
レギュラーサイズは簡単に釣れるよっていうのを見せて
野村君に揺さぶりを掛けてみます。


「野村君、ピンテールスティックで簡単に釣れるよ! 今からお題を変更する?」



b0177760_12381483.jpg

彼にも男の意地があります!

今更お題の変更はしないようです。

ピンテールスティックでさらに揺さぶりを掛けようと思いましたが、
エレキのスピードが速くなるとこの釣りは機能しなくなるので、その後は沈黙でした。




バイトの出ない時間が延々続きます・・・




ビッグサイズに的を絞ると、こういう展開になるのはしかたないことですが・・・




それにしてもバイトが遠い・・・




野村君の心も折れかかってるかな? と思ったその時に・・・






b0177760_12382015.jpg

出ましたビッグサイズ!!

朝から延々ノーバイト地獄が続きましたが、昼頃にようやく出たバイトがコレ。

諦めずにやり通したのはエライです。




b0177760_12382367.jpg

リグは『Smokin' Swimmer 3"』のダウンショットリグ。

アレ? 野村君、今日はスピニング使わないって言ってなかったっけ?


まぁ、ライトリグであろうが何であろうが、
ビッグサイズを釣るにはビッグサイズが口を使うタイミングに合わせるっていうのが大事なので、
ベイトとかスピニングとかにこだわるのはナンセンスですね。



b0177760_12382851.jpg

とりあえず1本釣れたので、
あと1本ビッグを釣ったらミッション達成!

後ろで吉原君が指をくわえて見ています・・・。



ここでワンポイントアドバイス。

残り時間を逆算すると、午前中のようにストレッチをベタ〜っと流していくんじゃなくて、
デカイ個体が差してきそうなスポットをランガンで当てていく釣りがイイんじゃないかなぁと。

今釣ったビッグサイズはまさにそんなスポットで食ってきていたし。

そういう釣り方ならフィネスなアプローチでビッグサイズを狙い撃ちすることは充分可能だと思います。




というワケで、ここからはビッグが差してきそうなスポットをテンポよく回っていきます。

ベタ凪だった午前中に比べ、少し風が吹いてきたのでこれはチャンスかなぁと・・・


ビッグサイズに狙いを絞っているのでそう簡単にはバイトは出ないですが、
このスポットには絶対差してくるやろって野村君と話していたら・・・





b0177760_12383449.jpg

振り返ると吉原君が魚を持ってポーズを決めてました。


そっちに来たんかい!!




b0177760_12384160.jpg

ビッグサイズと言うにはちょっと足りないですが、
やっぱり良いスポットにはイイ魚が回って来ますね。



b0177760_15230078.jpg

ちなみに吉原君が使ったリグは『Smile worm Daddy』のネコリグでした。



その後もここぞというスポットをランガンしてビッグを狙いにいきましたが、
結局ビッグを仕留めることはできずにストップフィッシングとなりました。

惜しいチャンスはあったんですが、釣り上げることができなければ意味は無いです。

それは今後の課題ということで・・・。



四泊五日の西の地への巡礼釣行もこの日で終了。

私にとって初めての釣り場で、
色んな人と竿を交えながら話をするのは色々と勉強になります。

もう50手前のオッサンなので、自分に大きな伸びしろは無いかもしれませんが、
釣りを続けていくからには、今より少しでも上手くなりたいという思いはあります。

そういう意味でも今回の巡礼釣行は私にとって有意義なものでした。



あっ、お題をクリアできなかった野村君に
何か罰ゲームを考えないと!



ではまた。




by waterlettuce | 2018-11-21 14:54 | 釣りの事
日曜日は七色ダムで行われたバスオブジャパンの大会に出場してきました。


b0177760_22120571.jpg

ちなみにこの大会は東地区のイースタンディビジョンとの合同戦。



ここで簡単にバスオブジャパンのトーナメントについて説明すると・・・


メンバーはバスオブジャパンに入会するとそれぞれの地域のクラブに所属することになるんですが、
トーナメントに関しては東地区のイースタンディビジョンと西地区のウエスタンディビジョンでそれぞれ開催します。

ちなみに私はウエスタン所属になるのでウエスタンディビジョンの大会に出場しています。


年間5戦のうちの最初の3戦は各地区の大会に出場しますが、終盤の2戦は東地区と西地区の合同戦。

西地区で1戦、東地区で1戦の合同戦があり、
この合同戦2試合でのポイントランキング上位のメンバーが
最終決定戦のクラシック(今年は桧原湖で開催)に出場できます。

そしてこのクラシックに出場したメンバーの中から
合同戦でのポイントランキングがトップのボーター部門、コアングラー部門の各1名が、
翌年のアメリカで開催される『B.A.S.S. NATION CHAMPIONSHIP』に日本代表として参戦します。


さらに、アメリカでのその大会で3位までに入賞すると・・・




なんと!



な、な、なんと!!!




b0177760_22510068.jpg


バスマスタークラシックに出場できてしまうんです!!!



バスマスタークラシックって、あのアメリカのバスマスタークラシックです!


日本のトーナメントとは何もかもスケールが違うアメリカのバスマスタークラシック。

日本人選手がバスマスタークラシックに出場するには
バスオブジャパン枠で出場するのがある意味最短ルートかもしれません。

バスオブジャパンってそういう夢のあるトーナメント団体なんです。



ちなみにバスオブジャパンのメンバーでバスマスタークラシックまで行ったのは
2007年出場の築山滋選手ただ一人。

当時は雑誌等でも大きく取り上げられてましたよね。

七色ダム戦で築山さんにお会いすることができましたが、緊張してまともに喋れませんでした・・・。




と、前置きがかなり長くなってしまいましたが、翌年の日本代表を決める合同戦の1戦目。


b0177760_23233899.jpg

東地区のメンバーも参加するので今回はいつもの倍近くの参加人数です。


今回の冠スポンサーの中にNOIKEの名前もあったので、
大会前に冠スポンサーを代表して私がご挨拶をする予定でしたが、
進行が遅れ気味だったので割愛されることに・・・。

ちょっと残念でしたが、内心はホッとしてました。




b0177760_23370053.jpg

そんなこんなで試合スタート。

ちなみに私は13番フライトだったので結構前の方でした。




b0177760_23391889.jpg

今回私が乗せていただくボーターの選手はイースタンの大会に出ている高橋選手。

『TAPER & SHAPE』『Nature Boys』『LUCKY CRAFT』等のサポート選手です。


関東方面の方なので七色ダムは今回初めてで、プラクティスは前日プラクティスのみとの事。

私も前日プラクティスはいつも通り粕山さんと行いましたが、
数は釣れるけどサイズを狙うのが難しかったです。


「とりあえず、リミットを揃えながら色んなポイントに行ってみましょう」との事で釣りを始めました。




b0177760_00044482.jpg

私の中で七色ダムと言えばまずはコレ。

第1戦の時も活躍してくれた『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストです。



1本目のキャッチに時間が掛かっている高橋選手に対して、私はサクサク釣っていきます。

やっぱりこのリグはとりあえずそこにバスが居ればバイトに持ち込む能力はピカイチですね。


「良かったら使ってみますか?」

高橋選手に『Pintail Stick 3"』を勧めてみました。


試合中に他の選手に釣れているヒットルアーを勧めるなんてありえないって思う人もいるかもしれませんが、
私がバスオブジャパンに出ている目的の一つとして、NOIKE製品の良さを多くの人に伝えたいという思いがあるので、
むしろ私はどんどん使ってもらった方が嬉しいです。

それで優勝とかしてくれたら自分の事の様に嬉しいですしね。

ボーター部門とコアングラー部門は別々に順位が出るので
お互いがお立ち台に立って喜びを分かち合うことができればそれが一番の理想です。



『Pintail Stick 3"』のこのリグのアクションは高橋選手も横目で見ていて気になってたようで
使い方のキモなどを説明したらすぐにコツを掴んでくれました。


そこから船中は『ピンテールスティック祭り』。

釣って釣って釣りまくります!


二人してひたすら釣りまくったんですが、
デカイのより先に元気なヤングサイズが反応してしまうのでサイズアップに苦しみました。

サイズアップを狙うならバイトが遠い釣りをしないといけない事は二人とも分かってはいたんですが、
あまりにも釣れる『Pintail Stick 3"』のせいでちょっとハイな状態になっていたかもしれません・・・。





b0177760_00391933.jpg

結果、リミットメイクはしたものの、
キッカーフィッシュが釣れないまま試合終了となりました・・・。

それでもコアングラー部門での8位という結果でしたが、
1本良いのが入っていたら順位が大きく変わっていたので残念です。




b0177760_00455229.jpg

その釣れっぷりに高橋選手も『Pintail Stick 3"』をとても気に入ってくれました。

普段良く行く野尻湖でも絶対釣れるハズとの事なので、手持ちを少しお裾分けさせていただきました。

野尻湖で釣れたらまた教えてくださいね!



そんな感じで8位という順位で終わった今回の七色ダム戦。

ウエスタンディビジョンのコアングラー部門での私の順位は4位から微妙に少し上がってるハズ。

合同戦でのコアングラー部門の順位はとりあえず8位という位置に付けたので、
次の芦ノ湖戦での結果次第ではクラシックの桧原湖戦に出場できるかもしれません。


だけど次の芦ノ湖戦ってワーム禁止なんですよね・・・。

もちろん『Pintail Stick 3"』も使えないワケで・・・。


NOIKE製品をメインで使う私としては最もモチベーションが上がりにくいのが次の大会。

9月9日の芦ノ湖戦まで時間があるので何か方法を考えて挑んでみたいと思います。



ではまた。




by waterlettuce | 2018-07-24 01:13 | 釣りの事

入鹿池で練習

昨日はR's COURTの店主N氏と入鹿池に行ってきました。


b0177760_14062642.jpg

人生初の入鹿池。

来月バスオブジャパンの大会が入鹿池で開催されるので、そのための練習です。



b0177760_14494121.jpg

初めて訪れるフィールドは、右も左も分からないので
とりあえずはぐるっと一周回ってみて全体の雰囲気を何となく掴んでおこうかなと。


事前に調べた情報によると、入鹿池って人工的に作られた農業用のため池なんですね。

魚探掛けしながら一周回ってみましたが、確かに大きなため池で地形変化に乏しい印象でした。

それがゆえにちょっとした地形変化が重要になってくるのかもしれません。


そして入鹿池と言えば外せないのがワカサギの存在ですね。


この日はNOIKEスタッフに高性能魚探を貸してもらったので、
数少ない地形変化とワカサギの多い場所はチェックできましたが、
大会はまだ半月程先なので、ワカザギの多い場所はその時の状況で全く変わってるんでしょうね。



入鹿池ぐるり一周旅の後は気になった場所で少し釣りしてみました。

ちなみに入鹿池のファーストフィッシュは・・・



b0177760_15450562.jpg

ブルーギルでした・・・。

『Smokin' Swimmer 3"』をガッツリ喰ってます。


その後何ヶ所かで釣りしてみましたが、肝心のバスからの反応は全くありません・・・。

次の入鹿池戦、かなり苦戦するかも・・・。



まぁ、今回の目的は全体の雰囲気を掴むことなので釣りを優先するべきではないのですが、
せっかく大阪から来たんだし、どうせなら入鹿池のバスの顔を拝んで帰りたい。


ちょっと真剣に釣りしてみます。



b0177760_16091056.jpg

とりあえず一匹釣れました。

初のイルカバスはグッドプロポーションのナイスフィッシュ。



b0177760_16124150.jpg

キレイな魚体にしばしウットリ・・・。

初めてのフィールドでの最初の一匹は感慨深いモノがあります。




b0177760_16132268.jpg

ヒットルアーは毎度お馴染みの『Pintail Stick 3"』のネコリグミドスト

今年はコイツのおかげで何度もイイ思いさせてもらってます。




b0177760_16275296.jpg

さらに追加でもう一匹。

今度はちょっと小ぶりなサイズです。




b0177760_16292597.jpg

「大会の時にまた合おうな!」って一方的な約束をしてみました。

約束を守るタイプの魚だったらイイんですが・・・。



b0177760_16312203.jpg

そこに魚が居さえすれば、とりあえず口を使わせてしまう『Pintail Stick 3"』

この日は周りの景色に馴染ませるイメージで『#08 ウォーターメロン』をメインで使ってみました。

安定釣果の超定番色ですね。



そんな感じで何とかバスに出会えた入鹿池での練習日。

本当はあと何回か練習しに来たいんですが、
残念ながら大会の前日プラクティスまでその時間は取れそうにありません。

この日に行っとかなければほとんどぶっつけ本番で大会に出る事になっていたので、
前日プラクティスまでに入鹿池がどんなフィールドなのかということだけでも知ることができたのは
私にとっては大きな収穫でした。

忙しい中練習に付き合ってくれたN氏、エレキと魚探を貸してくれたスタッフにも感謝です。



b0177760_17014017.jpg

本日は顔出しNGのN氏。

拙い操船でまともに釣り出来なくて申し訳ない!


彼も私の操船で釣りがしにくいのは最初から分かっていたと思うんですが、
それでも練習に付き合ってくれて本当にありがとう。

まぁ、持つべきものは友達ということで・・・。



ではまた。




by waterlettuce | 2018-06-14 17:10 | NOIKEの仕事

久しぶりの津風呂湖

天気の良かったこの週末。

私も土曜・日曜と釣りに出掛けました。


まずは先日の土曜日。


b0177760_23455663.jpg

NOIKEスタッフの内山君と津風呂湖に行ってきました。


久しぶりの津風呂湖。

去年の5月にスタッフの弓削さんと一緒に来た時以来です。

あの時は弓削さんのガイドで楽しい釣りができました。


だけど今回は今月末に控えた内山君が出場するJB津風呂湖戦のプラクティスなので、
バックシートの私が自由に釣りをする時間はほとんどないです。

まずは内山君のプラクティスが最優先。

私が後ろに乗ることで内山君のプラクティスに支障があってはいけないので
バックシートで大人しくしてました。



b0177760_00014832.jpg

この日の津風呂湖はほぼフル満水の状態で、オーバーハングに隙間もなく
バンク際にタイトにルアーをキャストできないような状況。

まずは津風呂湖をぐるっと一周見て回りました。


内山君は所々でボートを止めて、魚探とにらめっこしながら何かしています。



b0177760_00075339.jpg

その間に私はチビッコバスと戯れたりしながら遊んでます。

『Pintail Stick 3"』をテキトーに投げてコチョコチョやってたら
このサイズはいくらでも釣れます。

津風呂湖ってバスのストック量が結構多い印象です。


チビッコバスと戯れる私に
「Pintail Stickならちょっと面白いリグを考えたんですよねぇ」と
不適な笑みを浮かべる内山君。

「教えて! 今すぐそれ教えて!」と懇願する私。



b0177760_00304252.jpg

教えてもらったリグであっさり釣れました!

そんなに大きなサイズではないですが、バイトシーンが丸見えでかなり面白いです!!


今すぐこのブログで紹介したいくらいなんですが、
内山君が考えたリグなので、まずは内山君が最初に紹介するのが良いかと・・・。

然るべき時が来るまでこのブログで書くのは控えとこうと思います。


『Pintail Stick 3"』にそんな使い方があったか!って感じのリグなので、
内山君のブログやFacebookで等で紹介されるまで楽しみにしておいていただければと思います。



b0177760_00420696.jpg

パッケージのシールにも〝バーサタイルフィネススティック〟って書いてありますが、
こんな使い方ができるとはさすがに想像できませんでした。

私もマネして密かに使い込んでみようと思います。


というワケで、1匹釣った後はまたプラクティスモードに戻ったので
引き続き私はチビッコバスと戯れて一日が終わりました・・・。



次回は淀川本流で『Smile worm Mammy』が炸裂した話を書こうと思います。




ではまた。




by waterlettuce | 2018-06-04 00:56 | 釣りの事
先日のバスオブジャパン 七色ダム戦
プラクティス、本番ともに魚を連れてきてくれた『Pintail Stick 3"』


b0177760_22511487.jpg

パッケージのシールにも『バーサタイルフィネススティック』と表記してあるように、
色んな使い方ができるスティックベイトです。



b0177760_22571661.jpg

私はこのワームは主にオフセットフックを使った
ノーシンカーリグでの使用が多かったです。

淀川の城北ワンドでは昔はこれで良く釣りましたね。


特に岸際にウィードが生えてくる時期になると
このワームのノーシンカーリグの独壇場になったりするので
城北ワンドに行かれる方には是非持って行っていただきたいワームです。

城北ワンドのバスは『Pintail Stick 3"』が大好物ですよ。



話が横道に逸れましたが、先日の七色ダムで使った『Pintail Stick 3"』のリグはコレ。


b0177760_23113105.jpg

ネコリグです。

これをバンクの傾斜に沿ってミドストで誘って喰わせました。


ネコリグにマッチするNOIKEのワームと言えば『Smile worm』シリーズが定番ですが、
『Smile worm』と『Pintail Stick 3"』はミドストで使った時のワームの姿勢が全く違います。




『Smile worm』のネコリグをミドストで使った時のワームの姿勢は大体こんな感じ。

b0177760_23202304.jpg

頭下がりの姿勢でボディをヘコヘコくねらせながら誘う感じになりますね。

これはこれで良く釣れるし、魚を寄せるチカラも強いと思います。





そして『Pintail Stick 3"』のネコリグをミドストで使った時の姿勢はこんな感じになります。
b0177760_23255677.jpg
少し頭下がりですが、『Smile worm』よりも水平気味の姿勢。

不思議ですねぇ。もっと頭下がりになりそうなもんなのに。

でもミドストするとこの姿勢をキープするんです。


一般的にミドストって一定層を水面と平行に引いてくるのが基本とされてますが、
私はこの若干頭下がりの姿勢を利用して、バンクの斜面に沿わせるようにミドストして使います。



ちなみに使用するネイルシンカーは基本は0.9gを使用しますが、
狙う水深というよりも、バンクの傾斜角によってウエイトを調整します。



b0177760_23315776.jpg

なだらかな傾斜角なら0.45g、急深なら1.3gって感じですかね。


傾斜角に沿ってミドストさせるっていうと難しいテクニックのように思われるかもしれませんが、
実際は岸ギリギリにキャストしてラインスラックを揺らしながらリグを手前に引いてくるだけです。

一定のレンジをキープしながら水面と平行に引いてくるミドストに比べると
至ってカンタンな誰でもできるミドストですね。

でもコレが結構釣れるんです!



b0177760_23285495.jpg

ちなみに使用フックは『Smile Hook』の#5を使ってます。

バイトを感じたら手首をかえすだけでバスの口に掛かる
フッキングレスポンスの良さが特徴です。



b0177760_00015901.jpg

フックの刺し位置はリブの無いハチマキの部分。

『Smile worm』と同じですね。



b0177760_00033754.jpg
ハチマキに縦刺しで若干頭下がりの水平気味の姿勢になります。



『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストってあまりやってる人も少ないと思いますが、
誰でも簡単にミドストできてホントに良く釣れるので是非試していただきたいリグです。

どれくらい簡単かってミドストが苦手な私でもサクっと釣れちゃうぐらい簡単なんです!

上手い人が使いこなせば更に釣れるリグになると思いますよ。


b0177760_00221128.jpg

何だかんだ言ってもこのピンテール、相当喰わせる能力高いです。

バスから見たらこのピリピリ震えるテールはたまらないものがあるんだと思いますよ。


皆さんの釣果報告期待しています!



ではまた。




by waterlettuce | 2018-03-29 00:29 | お気に入り
昨日七色ダムで行われたバスオブジャパンの第1戦。

私も大会に参加してきました。


b0177760_11305706.jpg

こういうトーナメントってかなり久しぶりなので緊張します・・・。




b0177760_11581414.jpg

午前6時、大会スタート。

フラッグをなびかせてポイントへと向かいます。



ちなみに私はノンボーター部門での参加。

どのポイントに入って、どういう魚を狙っていくかという戦略は
基本的にボーターの方に主導権があるので、ここで詳細を書くのは控えさせていただきます。


今回ペアになったボーターの方はNOIKE商品も取り扱っていただいている
愛知県のプロショップのオーナーの方。

2名乗船が基本のバスオブジャパンの大会ではボーターとノンボーターも選手同士になるんですが、
バックシートの私にも釣りがしやすいポジションを取ってくれるとても紳士的な方でした。



b0177760_12282634.jpg

最初に入ったポイントで幸先良くイイ魚が釣れました!

急ぎで作ってもらったライブウェルが早速役立って良かったです。




b0177760_12322525.jpg

ヒットルアーは『Pintail Stick 3"』の0.9gネコリグ。

これをバンクの傾斜に沿ってミドストして釣りました。


NOIKEのワームでネコリグといえば、Smile wormシリーズが定番ですが、
『Pintail Stick 3"』のネコリグはミドストで使った時に
『Smile worm』のネコリグとは違い、若干頭下がりの水平気味の姿勢になります。

そして『Pintail Stick 3"』の特徴と言えば、ナチュラルに微振動するテールアクション。

ボーターの方がキレイにロールするシャッド系のワームでミドストしていたので
私はそのアクションでは喰い上がってこない魚を
少しレンジを下げてナチュラルなアクションで狙いました。



b0177760_12530289.jpg

ちなみに前日のプラクティスでもこのリグへの反応が異常に良かったので、
試合当日は『Pintail Stick 3"』をメインで使う事はある程度決めてました。

このリグ、ホントにオススメなので
また改めてブログで詳しく書いてみたいと思います。




その後はいくつかポイントを回って、行く先々でバイトは取れたんですが、
私もボーターの方もミスの連発で、歯がゆい釣りが続きました。

トーナメントって普段の釣りとは違った独特の緊張感の中で釣りをするので
リズムが狂いだすとなかなか修正がききません・・・。

少しの狂いが釣果に大きく影響するのが釣りの難しい所であり、面白い所でもあります。

トーナメントで普段通りの釣りをするのがどれだけ難しいかは
トーナメントに出たことがある人じゃないと分かりにくいかもしれませんが。



結局、朝イチに釣った1本のみで今回の大会は終了。


b0177760_13083199.jpg

リミットメイクできなかったのは残念ですが、ボーター部門で出場されていた
今大会のビッグフィッシュ賞の古沢さんに次ぐグッドサイズをウェイインできたので良かったです。

古沢さんって、あの古沢勝利プロですから・・・。



そんな感じのバスオブジャパン第1戦でしたが、最終結果はノンボーター部門での4位入賞。

お立ち台に立てました。


b0177760_13371918.jpg

コワモテNOIKEスタッフと散々イジられた表彰式・・・。

あえて否定はしませんが、中身はキュートなオッサンなので怖がらないでください!


次回、4月29日の旧吉野川戦までにプチ整形を真剣に考えています・・・。



ではまた。






by waterlettuce | 2018-03-26 13:49 | 釣りの事

波止場でシャアの名言

昨日は仕事上がりで馴染みのお客さんと合流して波止場でライトゲーム。


b0177760_16435101.jpg

高速大渋滞で予定より大幅に遅れて目的地に到着。


私にとっては初めて釣りをする場所なので、狙い所などを詳しく聞いて釣り開始。


まずはいつもの『wobble shad 2"』のジグヘッドリグで狙っていきますが、
時々アタリはあるもののなかなかフックアップしません。

おそらく魚のサイズが小さいんだろうとは思いつつも、
何とか『wobble shad 2"』で釣ってやろうと必至にキャストを繰り返しますが
やっぱり小さなアタリのみ。


「今日はシャッドテールよりピンテール系のワームの方がイイと思いますよ」

お客さんから助言をいただきました。


過去の私のライトゲームでは入れ食い確率90%以上を誇る『wobble shad 2"』ですが、
いつかこういう状況が訪れるだろうと思っていました。

いつでもどこでも『wobble shad 2"』だけで通用するわけがないと。



そんな時に脳裏をよぎるのはシャアの名言。


b0177760_18054461.jpg





もちろん私も次の手は用意してあります。



というワケで、秘密兵器投入。


b0177760_17095668.jpg

『Pintail Stick 3"』のピンテール部分のみ。


バス釣りで使った使用済みの『Pintail Stick 3"』をライトゲームで再利用。

財布にも優しい、まさにエコワームです。


コイツをショートバイトが多発したスポットに入れてやると・・・



b0177760_17220314.jpg

案の定、サクっと釣れました♪




b0177760_17224848.jpg

キャストごとにアタリがあります。

お客さんの言う通り、今日はピンテール系のワームが正解でした。




b0177760_17241059.jpg

ボトムまで沈めてやるとチビッコサイズのガシラが果敢にアタックしてきます。

狙い通りに釣れるとサイズを問わず楽しいですね♪




しかし、私が『Pintail Stick』でコツコツ釣果を上げている横で・・・



b0177760_17281841.jpg

お客さんはアジをボコボコに釣ってました・・・。


魚が回ってきた時は1キャスト1ヒットの入れ食い状態。

試しに私も狙ってみましたが、アジらしきアタリはあるもののフックアップできず。

ピンテール部分のみの『Pintail Stick 3"』を持ってしても
このサイズのアジをフックアップさせることができませんでした・・・。



まさかこの波止場でこんなにアジが釣れるなんて・・・。


二手先は想定していましたが、三手先を読み切れませんでした・・・。




b0177760_18065982.jpg




ライトゲーム、なかなか奥が深いです。


ではまた。




by waterlettuce | 2017-12-09 17:52 | 釣りの事
出荷準備が一段落ついたのでブログ書きます。


私がいつもブログで載せている背景を白く飛ばした商品写真。

webshopのお店がこの画像を使うので、新色などは一通り載せて欲しいと良く言われます。

先程出荷準備が終わった『Smile worm Mammy』の新色は
また改めて写真を撮ってから紹介させてもらいます。


というワケで、本日ご紹介するのは・・・


b0177760_01305655.jpg


画像手前から『#34 シナモンブルー』『#36 ブルーシュリンプ』『#118 モッシーパンプキン』

この3色が先日工場から上がってきて出荷済みのカラーです。


『#34 シナモンブルー』と『#118 モッシーパンプキン』は店頭在庫が無くなってきたので追加生産したカラーですが、
今回新色となるのは『#36 ブルーシュリンプ』ですね。

『#36 ブルーシュリンプ』に関しては以前のブログで詳しく書いているのでそちらをご覧下さい。


一応、webshop用に『#36 ブルーシュリンプ』単体の画像も載せておきますね。

b0177760_01415966.jpg



ボウズ逃れの最終兵器『Pintail Stick 3"』。

魚の居る所にコイツのノーシンカーをヒョイっと投げてやれば、かなりの確率でバイトしてきます。

コツは魚に直撃するんじゃなくて少し離れた所から近づけてやる事。

ウィードやブッシュ、ゴロタ石などブラインドになるものがある場合、
それを利用してやるとバイトの確率はさらに上がります。

ノーシンカーだけじゃなくダウンショットやジグヘッドなど色んなリグにマッチするので、
その時の魚の状態を見極めながら色々試してみてください。


新色の『#36 ブルーシュリンプ』も当然オススメのカラーなんですが、
個人的にぜひ試してもらいたいイチオシのカラーがコレ。


b0177760_02182629.jpg

『#118 モッシーパンプキン』


ウィードのある所でこのカラーを使ってみてください!

できればウィードに絡めて使うことを強くオススメします!!

リグはとりあえずノーシンカーリグから試してもらうのが良いかと思います。


使えば分かるその実力、『ウィードがあったらモッシーパンプキン』と覚えておいてください。



ではまた。




by waterlettuce | 2017-11-14 02:36 | お気に入り