NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ラインに助けられました

ズリズリに擦れたライン。

b0177760_01534156.jpg


先日の淀川実釣講習会の下見の時に
ビッグサイズを釣った時のラインです。


ちなみにこの魚です。


b0177760_21415412.jpg

たまにデカイの釣ったからって何度も載せるなよってツッコまれそうですが・・・。


この魚を釣った場所は足元から5mぐらい沖にコンクリートの段差があって
デカイ魚を掛けた時にそこにラインを擦られるとかなりの確率でラインブレイクします。

スピニングタックルだとひとたまりもありません。


ランディングのコツはコンクリートの段差を越える前に
魚に空気を吸わせて浮かせてから取り込むんですが、
この魚は上手く段差を乗り越えたと思って油断した瞬間に
段差の下にグイグイ入っていきました。

サイズがサイズだけにハンパなく引きました・・・。


スピニングタックルでフロロカーボンの5lb.だったので絶対切られると思いましたが、
ドラグを出して魚の突進に耐えて何とか引きずり出すことに成功しました。

段差の角にズリズリ擦られている感触が伝わってきたのと
魚のサイズを目視で確認していたので、さすがに万事休すかと思いましたが・・・。



ちなみにこの時巻いていたラインがコレ。


b0177760_03155982.jpg


淀川でビッグサイズを狙うには欠かせない
硬質フロロカーボンラインです。


淀川ではテトラやブッシュカバー等のストラクチャーを釣ることが多いんですが、
このラインはストラクチャー周りでビッグサイズを掛けた時に絶対的な安心感があります。

ズリズリに擦れてラインブレイク寸前のところでもう一段階粘ってくれます。

今まで何度このラインに助けられたことか・・・。



硬質フロロカーボンなので根擦れに強いだけじゃなく、
操作性と感度も抜群に良いです。

淀川でビッグサイズを狙うなら
フロロカーボンラインは『Shooter』を強くオススメします!


今回のビッグフィッシュを取り込めたことで
私の中でこのラインの信頼度がさらにまた上がりました。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-14 03:55 | お気に入り
今週末の5月28(土)は
フィッシングエイト アネックスさんでY.B.Fミーティングです!

b0177760_23562677.jpg

今年の4月にオープンした超大型店の
フィッシングエイト アネックスさん。

淀川から近いお店なので淀川フリークのお客さんに
旬の淀川生情報をお届けしたいと思います。


今や日本屈指のビッグバスリバーとなった淀川。

60cmを越えるマグナムサイズも数多く生息します。


誰でも簡単にビッグサイズが釣れる川だとはさすがに言えませんが、
いかにしてNOIKEスタッフがコンスタントにビッグサイズを釣り続けているのか、
その全貌を詳しくお話ししたいと思います。


ちなみに今回はSUNLINEさんとのコラボイベント。

淀川攻略のキーにもなるラインセレクトに関しても
詳しくお伝えします。


今週末は皆様お誘い合わせの上
フィッシングエイト アネックスさんへ是非お越しください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-05-24 00:47 | NOIKEの仕事
サンラインさんのホームページで
ケムケムおじさんの動画がアップされましたね。


b0177760_21224583.jpg

SUNLINE Shooterでの淀川攻略動画です。

動画はコチラからもご覧になれます。



Shooterは私も長年愛用していますが、
淀川攻略には絶対に欠かすことのできないライン。

淀川はかなりShooter向きのフィールドだと思います。


動画ではストラクチャーに対しての耐摩耗性の強さを実証するために
テトラ帯で釣りをしていますが、
他にもShooterが威力を発揮するシチュエーションがあります。


例えばこういった場所。

b0177760_21371046.jpg

ブレイクに絡んだ倒木ですが、枝ぶりがゴシャゴシャしています。


淀川ではこういった倒木やブッシュ等でのビッグフィッシュ率が高いんですが、
バスはストラクチャーにタイトに付いていることが多いので
ライン選びを間違えるとスゴく狙いにくくなります。


一般的にフロロカーボンラインはリールへの馴染みが良いしなやかなものが
扱いやすくて万人受けするので人気が高いと思いますが、
こういうゴシャゴシャしたスポットの中にリグを入れる時は、
馴染みの良さが逆に仇となって枝に絡まりやすくなってしまうんです。

Shooterは硬質のフロロカーボンラインなので
ラインが一直線になりやすく、枝に絡まりにくいため
枝を一本一本タイトに乗り越えて誘うといった狙い方が
とてもやりやすいです。

極端な例えですが、ワイヤーとタコ糸のどっちが枝に絡まりやすいか
想像してもらえると分かりやすいと思います。


そしてこのゴシャゴシャのど真ん中でビッグフィッシュがバイトしてきて
ストラクチャーのボトムからバスを引っ張り出してくる時には
Shooterの耐摩耗性が絶大な威力を発揮します。


b0177760_22194097.jpg

淀川攻略にはShooterがオススメです!

硬質フロロカーボンなので感度も抜群ですよ。



ちなみに私は比較的オープンな場所で
スピナーベイトやチャターを巻いて広く探っていく時には
Shooterに比べてしなやかで若干伸びのあるFC SNIPERを使います。

同じフロロカーボンラインでもそれぞれに特性があるので
使い分けることで格段に釣りがしやすくなります。

良かったら参考にしてみてください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-06-10 22:21 | お気に入り

コラボイベント

今日はイベントの打ち合わせで
大阪池田のフィッシング1BANさんに行ってきました。

b0177760_1345486.jpg

今回はコラボイベントです!

来たる6月14日(土)にSUNLINEさんとNOIKEのコラボイベントを開催致します。


淀川のマグナム級を釣る上で絶対外すことができない
こだわりのラインのお話など、マニアックで濃い内容をお話したいと思います。

ご来店いただいたお客様にはSUNLINEさんとNOIKEから
もれなくプレゼントをご用意。

皆様のお越しをお待ちしています。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-06-04 23:29 | NOIKEの仕事