NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日も引き続き『Smile worm Mammy』のテトラ撃ちのタックル紹介。

最終回はラインです。



テトラ撃ちのラインで私が絶対的な信頼を置いているラインはコレ。



b0177760_23012536.jpg


黒ラベルのフロロカーボンラインです。


メインで使うのは10lb.か12lb.

テトラ撃ちでは10lb.より下げることはほとんどないです。

リグによっては14lb.や16lb.を使う事もありますが、『Smile worm Mammy』のテトラ撃ちに限っていうと
12lb.以上になるとテトラのボトムまで落ちにくくなるので、あまり太いラインは使いません。

ボトムまで落としてナンボの釣りなので、魚の居る所まで落ちなかったら全く意味が無いので。


12lb.でもビッグフィッシュが掛かった時は心もとないと思うかもしれませんが、
そこを前回のブログで紹介したロッドでラインに掛かる負荷を逃がしてやってランディングに持ち込むんです。


私がこのラインを溺愛しているのは、何と言っても擦れに対しての圧倒的な強さ。


テトラのボトムで喰わせた時に、テトラに擦れずにランディングまで持ち込むことはまず不可能。

テトラの向こう側でバイトがあった時は、思いっきりテトラに擦れながらフッキングすることになります。

さずがにテトラに擦られてビッグフィッシュを引きずり出した時は
ラインがズタズタになっていることもありますが、
このラインは普通のフロロカーボンラインだとブレイクしてしまうような状態からでも
もう一粘り、二粘りしてくれます。

淀川のテトラ撃ちで今までこのラインに何度助けられたことか・・・。



また、このラインの特性として〝硬い〟というのがあります。

硬いということは伝達性が高いということなので、
このライン、恐ろしく感度が高いです。

リグがボトムに落ちた感覚とか、水中のテトラに引っ掛かっているブッシュの感触とか、
もちろん魚のバイトまで、全て手に取るように分かります。


しなやかなフロロに慣れた人が使うと最初は違和感を感じるかもしれませんが、
使いこなせば釣りの次元が一段階上がったように感じられるスペシャルなフロロカーボンラインです。


だけどこのライン、ハッキリ言ってレース用のタイヤのようなラインなので
性能を最大限に発揮させたいなら毎釣行巻き帰るのがベスト。

私はその日の使用頻度にもよりますが、2回続けて使うことはあっても
3回目まで引っ張ることはありません。


値段的に若干お高く感じるかもしれませんが、
前回紹介した私のリールだと一巻きで3回分使えます。

最近のベイトフィネスリールはかなり浅溝なので4回分くらいは使えると思います。

そう考えると決して高くはないと思うんですけどねぇ。


淀川のテトラ撃ちはビッグフッシュが狙える釣りなので
本気でビッグフィッシュを狙いたいなら
ラインはタックルの中でもかなり重要度の高いアイテムです。

ラインブレイクで悔しい思いをしたくないなら
保険をかけると言う意味でもラインにはこだわった方がいいと思います。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-06-09 00:25 | お気に入り

ラインに助けられました

ズリズリに擦れたライン。

b0177760_01534156.jpg


先日の淀川実釣講習会の下見の時に
ビッグサイズを釣った時のラインです。


ちなみにこの魚です。


b0177760_21415412.jpg

たまにデカイの釣ったからって何度も載せるなよってツッコまれそうですが・・・。


この魚を釣った場所は足元から5mぐらい沖にコンクリートの段差があって
デカイ魚を掛けた時にそこにラインを擦られるとかなりの確率でラインブレイクします。

スピニングタックルだとひとたまりもありません。


ランディングのコツはコンクリートの段差を越える前に
魚に空気を吸わせて浮かせてから取り込むんですが、
この魚は上手く段差を乗り越えたと思って油断した瞬間に
段差の下にグイグイ入っていきました。

サイズがサイズだけにハンパなく引きました・・・。


スピニングタックルでフロロカーボンの5lb.だったので絶対切られると思いましたが、
ドラグを出して魚の突進に耐えて何とか引きずり出すことに成功しました。

段差の角にズリズリ擦られている感触が伝わってきたのと
魚のサイズを目視で確認していたので、さすがに万事休すかと思いましたが・・・。



ちなみにこの時巻いていたラインがコレ。


b0177760_03155982.jpg


淀川でビッグサイズを狙うには欠かせない
硬質フロロカーボンラインです。


淀川ではテトラやブッシュカバー等のストラクチャーを釣ることが多いんですが、
このラインはストラクチャー周りでビッグサイズを掛けた時に絶対的な安心感があります。

ズリズリに擦れてラインブレイク寸前のところでもう一段階粘ってくれます。

今まで何度このラインに助けられたことか・・・。



硬質フロロカーボンなので根擦れに強いだけじゃなく、
操作性と感度も抜群に良いです。

淀川でビッグサイズを狙うなら
フロロカーボンラインは『Shooter』を強くオススメします!


今回のビッグフィッシュを取り込めたことで
私の中でこのラインの信頼度がさらにまた上がりました。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-14 03:55 | お気に入り

転ばぬ先の・・・

釣りにおいてラインというのはとても重要なアイテムです。

ラインは新品の状態が最も性能を発揮するので
釣行ごとに巻き換えるのがベスト。

っていうことは重々承知なんですが、
勿体なくてついついケチってしまいがちになります。

そしてケチったあげく、眠れない夜を過ごすハメに・・・。



b0177760_314433.jpg

そんなワケで買ってきました。

ケチって使いたくないので徳用の300m巻き。

スピナーベイトやクランクベイト、アラバマ系リグ等の巻きモノの釣りや
最近良くやる『wobble shad 3"』のリアクションヘビーDSの釣りには
適度に伸びのある『FC SNIPER』が私のお気に入り。

基本性能が非常に高いロングセラー商品です。



そして、ワームやジグ等を使ったボトムの釣りには絶対コレ!

b0177760_3261749.jpg

超高感度で抜群の強靱性を誇る『Shooter』


私が良く行く淀川では根掛かりしやすいストラクチャー周りを狙うことが多いので
ラインに掛かる負担はかなり大きいフィールドだと思います。

冬になると巻きモノかリアクションの釣りがメインになってくるので
必然的に『FC SNIPER』を使うことが多くなりますが、
一年を通して使用頻度が最も高いのは『Shooter』の9lb.〜14lb.

私の中では信頼度No.1のラインです。


でも、どんなに信頼のおけるラインでも
ケチって何度も使っていれば当然性能は落ちてしまうワケで・・・。


ラインをケチると痛い目にあいます!!



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-12-20 03:55 | お気に入り
サンラインさんのホームページで
ケムケムおじさんの動画がアップされましたね。


b0177760_21224583.jpg

SUNLINE Shooterでの淀川攻略動画です。

動画はコチラからもご覧になれます。



Shooterは私も長年愛用していますが、
淀川攻略には絶対に欠かすことのできないライン。

淀川はかなりShooter向きのフィールドだと思います。


動画ではストラクチャーに対しての耐摩耗性の強さを実証するために
テトラ帯で釣りをしていますが、
他にもShooterが威力を発揮するシチュエーションがあります。


例えばこういった場所。

b0177760_21371046.jpg

ブレイクに絡んだ倒木ですが、枝ぶりがゴシャゴシャしています。


淀川ではこういった倒木やブッシュ等でのビッグフィッシュ率が高いんですが、
バスはストラクチャーにタイトに付いていることが多いので
ライン選びを間違えるとスゴく狙いにくくなります。


一般的にフロロカーボンラインはリールへの馴染みが良いしなやかなものが
扱いやすくて万人受けするので人気が高いと思いますが、
こういうゴシャゴシャしたスポットの中にリグを入れる時は、
馴染みの良さが逆に仇となって枝に絡まりやすくなってしまうんです。

Shooterは硬質のフロロカーボンラインなので
ラインが一直線になりやすく、枝に絡まりにくいため
枝を一本一本タイトに乗り越えて誘うといった狙い方が
とてもやりやすいです。

極端な例えですが、ワイヤーとタコ糸のどっちが枝に絡まりやすいか
想像してもらえると分かりやすいと思います。


そしてこのゴシャゴシャのど真ん中でビッグフィッシュがバイトしてきて
ストラクチャーのボトムからバスを引っ張り出してくる時には
Shooterの耐摩耗性が絶大な威力を発揮します。


b0177760_22194097.jpg

淀川攻略にはShooterがオススメです!

硬質フロロカーボンなので感度も抜群ですよ。



ちなみに私は比較的オープンな場所で
スピナーベイトやチャターを巻いて広く探っていく時には
Shooterに比べてしなやかで若干伸びのあるFC SNIPERを使います。

同じフロロカーボンラインでもそれぞれに特性があるので
使い分けることで格段に釣りがしやすくなります。

良かったら参考にしてみてください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-06-10 22:21 | お気に入り

信頼のShooter

今週末は旧吉野川でJBⅡ四国の試合があるので
時間を見つけてボチボチ準備しています。

まずはラインの巻き替えから。


b0177760_1649199.jpg

お気に入りのSUNLINE『Shooter』

試合で貴重な魚を逃したくないので
ラインは信頼のおけるものしか使いません。


普段の釣りでもフロロカーボンラインは基本的にShooter。

試合の時と普段の釣りと違うラインを使うと感覚が狂うので
普段から気に入ったラインをとことん使い込むのがいいと思います。


魚をバラした時に道具のせいには絶対したくないので
ラインとフックだけは信頼のおけるものをケチらずに使うようにしています。

魚に近い道具ほど大切です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-06-18 17:43 | お気に入り