NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
『Yaby』『WILD Goby』に新色が加わりました。


b0177760_01363327.jpg

『#109 エビミソ』


このカラー自体は特に新しいカラーというワケではないです。
『Redbee』とか『machobee』には以前からあったカラーです。

最近では『Smile worm』シリーズや『kemkem shad』でもこのカラーを作りました。


『Yaby』と『WILD Goby』にはこれと良く似たカラーで
『#07 ザリミソ』っていうカラーがあったんですが、今後はエビミソの方でいこうかなと。

『#07 ザリミソ』は絶滅危惧種的カラーになる可能性が高いので、
ザリミソ好きな方は今のうちに買い占めといてください。

探せばまだ少しだけあると思います。


ちなみに『#07 ザリミソ』と『#109 エビミソ』の違いはコチラで説明しています。




とりあえずいつものようにwebshopの方が使いやすいように
『Yaby』と『WILD Goby』それぞれの画像を上げときますね。



b0177760_01492513.jpg

これが『Yabby』の『#109エビミソ』。



b0177760_01502821.jpg

こっちが『WILD Goby』の『#109 エビミソ』です。




というワケで、カラーの紹介はこれぐらいにして、
今日は『Yabby』と『WILD Goby』の使い分けについて簡単に書いてみたいと思います。

この2つのアイテムの使い分け、イマイチ理解されていない気がするので・・・。



まず『Yabby』の特徴は手と足のパーツ。


b0177760_02001554.jpg

小さなボディに多くのパーツが付いています。

パーツが多いという事はそれだけ抵抗感があるということなので、
丁寧なスローに誘う釣りに向いています。

ボトムでイゴイゴっと動かすようなイメージで使ってやるとよろしいかと思います。



それに対して『WILD Goby』はリングボディにパドルっぽいテールのみのシンプルな構造。


b0177760_02053131.jpg

このボディ、小さいですが水噛みが良いです。



b0177760_02082974.jpg

テーツには小さなブツブツ付けてます。

意外に芸の細かい作りをしてるんです。



b0177760_02100691.jpg

テールの裏側はV字の断面。

ここも凹凸を付けてしっかり水を噛むように作られています。

このテールにハサミを入れるチューニングは『WILD Goby』の定番チューニングですね。



スローに誘える『Yabby』に対して『WILD Goby』はクイックに誘ってやるような使い方がオススメです。


b0177760_02355325.jpg

パッケージのシールにも『クイックモーションベイト』って書いてあります。



クイックに動かした時に水を逃がしてスルっと動くんじゃなくて
リブやテールの凹凸がしっかり水を噛むので、ボディの周りの水を撹拌しながら動きます。

『WILD Goby』は緩急を付けたアクションで誘ってやると本領を発揮します。


水を掴んでピピッと動かして、止めた時は完全に「静」の状態。
これがバスの興味をそそるんです。

ハゼやゴリの動きをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか?

「Goby」って日本語で「ハゼ」っていう意味ですからね。



スローに誘う『Yabby』とクイックに誘う『WILD Goby』。

小さなスモールベイトですが、その日の状況に合わせて使い分ける事で
釣れる魚の数が大きく変わってきます。

スモラバのトレーラーとしてはもちろんの事、
ダウンショットやライトテキサスなど、色んなリグで使ってみてください。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-15 02:44 | お気に入り

バックスライドヤビー

三連休が終わりましたね。

最終日は予報通り雨降りだった大阪。

やっぱり日曜日に釣りに行っといて正解でした。 結局釣れなかったけど・・・



年明けから二回釣りに行って未だ初バスは釣れていませんが、今日も張り切ってブログの更新。

今回も色々使える『Yabby』について書いてみます。

ホントは昨日の続きで書く予定でしたが、思いのほか長くなったので二回に分けました。




今日の『Yabby』の使い方はコレ。


b0177760_01442398.jpg

バックスライドセッティングです。


おそらくやってる人は殆どいないと思われるバックスライドヤビーですが、
面白いようにスルスル滑っていきますよ!


作り方は至ってカンタン。

テール以外のパーツを全部取ってオフセットフックを逆刺しするだけ。



b0177760_01481594.jpg


お腹の部分にネイルシンカーを刺してやると重心が安定して投げやすくなります。

シンカーのウエイトはあまり重くするとスライドしにくくなるので、
NOIKEのTGネイルシンカーなら0.45gがベストかなぁと。


リグが小さいのでタックルは当然スピニングタックルで。

ラインも細ければ細い程、リグがラインに引っ張られなくなるのでよりスライドします。



このリグ、かなり前から気付いてて、たまに使ってたんですが、
私が良く行く淀川本流ではワームのボリューム感が少し足りなくて
活かせるシチュエーションがイマイチ見つけられませんでした。

城北ワンドとかなら結構使えると思うんですが・・・



淀川本流でバックスライド系が必要な時は他社のワームを使うか、
『Donkey BOO』を同じようなセッティングにして使うことが多かったです。

『Donkey BOO』のバックスライドセッティングも良く釣れるので試してみてください。



だけどスライド幅に関して言うと、『Donkey BOO』よりも『Yabby』の方がよりスライドします。


その理由はボディ形状。

b0177760_02044843.jpg


断面がほぼ真円の『Donkey BOO』に対して『Yabby』は扁平なので、
よりスライドしやすいボディ形状です。

上手く使えば同じスポットで延々スライドさせることも可能です。

だけどバックスライド系のワームってスライドし過ぎると逆に使いにくかったりもするので、
『Donkey BOO』を使うか『Yabby』を使うかはその時の状況次第ですね。



今まで淀川本流のオカッパリではあまり出番が無かったバックスライドヤビーですが、
今年はフローターの釣りを再開してみようと思っているので、このリグの出番は増えるかもしれません。

『Yabby』の扁平ボディはスキッピングもさせやすいので、
オーバーハングの下に滑り込ませたらかなり釣れそうだと思いませんか?

『Yabby』ぐらいのサイズのバックスライド系ワームってあまりないので、
使い方次第ではかなり釣れるリグだと思います。

是非一度お試し下さい!



ちなみにこのリグ、バスだけじゃなくてメバルも結構釣れますよ。

どういうスポットに滑り込ませるかは想像してみてください。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-01-09 02:44 | お気に入り

色々使える『Yabby』

三連休のど真ん中。
来週の売出しの準備はまだ終わってませんが、
明日が雨の予報なので、強引に時間を作って釣りに行ってみました。

向かった先は比較的近場の小さな野池。

小規模野池ならバスさえいればとりあえず釣れるだろうと楽観的に考えていましたが・・・


甘かったです・・・


またしても完全試合でした・・・


かなり凹みます・・・


この先ずっとバスが釣れなかったらどうしよう・・・


完全試合が続くとそんな不安に苛まれてしまいます・・・



まぁ、引きずっててもしょうがないので、気を取り直してブログの更新。

魚が釣れてない私のブログには説得力が無いかもしれませんが・・・




前回のブログでご紹介した『Yabby』

主にスモラバのトレーラーやライトテキサス、ダウンショット等
色んな使い方ができるワームです。

最近では3.5gの『Drop shot SLIM』を使った
ライトリーダーレスDSで使う方も多いみたいです。


バス用に開発されたワームなので当然バス釣りでの使用がメインなんですが、
私はソルトウォーターでも使います。


b0177760_21311093.jpg
ジョイント式のジグヘットリグ。

いつもお世話になっているお得意様に教えてもらったリグなんですが、
このリグがタケノコメバルにスゴく効きます。


タケノコメバルってバス釣りでいう所のリップラップみたいな所にいるんですが、
ジグヘッド単体で狙うと根掛かりが多発します。

普段は『wobble shad 2"』のジグヘッド単体で
ボトムを少し切るぐらいのレンジをスローリトリーブで釣っていますが、
それで釣れない時はコイツの出番。

ボトムを感じながらこのリグをゆっくり巻いて
リップラップの隙間に潜んでいるタケノコメバルを狙い撃ちです!




b0177760_21593625.jpg

ちなみにこのリグで使っているのはこのヘッド。
いつもお店で「ヘッドスライディング」って言ってしまいます・・・

フックが付いた状態のものも販売されていますが、
私はヘッドだけで売ってるものに『Baby Hook』の#3か#4を付けて使ってます。

リップラップの隙間に入っても根掛からずにスルスルと抜けてくるので使いやすいですよ。





b0177760_22305048.jpg

『Yabby』のこのリグ、ホントに良く釣れます。

前回のブログでご紹介した『#11 クレイフィッシュ』
ロックフィッシュにも効果的なカラーなので、是非一度試してみてください。



b0177760_23115677.jpg

いや〜、ホントに良く釣れるなぁ〜

今日野池で完全試合をした私が言っても説得力が無いかもしれませんが・・・



ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2018-01-07 22:43 | お気に入り
今晩は特に冷え込みがキツい大阪。

こう寒いと釣りに行くのもおっくうになりがちですが、
それでもやっぱりフィールドに出掛けたくなるのが釣り人の性。

この時期釣りに行くか行かないかで
その人がどれだけ釣りが好きなのかが分かるように思います。


今日から始まる三連休。

もちろん私も釣りに行こうと目論んでいますが、
その前に来週の売出しの準備を終わらせないと・・・。

火曜が搬入日なのにまだ準備が半分くらいしか終わってません・・・。

年明け早々ピンチに立たされています。



近況報告はこれぐらいにして、今日はお馴染みの新色紹介。

今日のアイテムは『Yabby』です。



b0177760_00503297.jpg

昨年工場から上がってきたこの3色。

店頭には既に並んでいると思います。


一応ウェブショップの方が使う用に単体のカラーの画像もアップしておきますね。



b0177760_00552988.jpg

『#36 ブルーシュリンプ』

最近ラインナップ拡大中のこのカラー。おかげさまで好評です!

今年もこのカラーは他のアイテムでも続々ラインナップに加えていく予定です。



b0177760_00585145.jpg
『#127 シェードブラウン』

このカラーも色んなアイテムで展開中のカラーです。

コンセプト的にはシェード攻略に特化させたカラーなので、
このカラーが効果的なアイテムに関しては積極的にラインナップに加えていきたいと思っています。

まぁ、シェードじゃない所で使っても良く釣れるカラーなんですねどね。



b0177760_01035052.jpg
『#11 クレイフィッシュ』

今回ご紹介するカラーの中で、個人的に特にオススメしたいのがこのカラー。


実はこのカラー、新色ではないです。

『Yabby』がリリースした当初にレギュラーカラーとしてラインナップされていたカラーです。

ずっと作ってなかったので、もう店頭で見かけることは殆ど無くなった絶滅危惧種的なカラーでしたが、
今回私のわがままで再生産してもらいました。


このカラー、空気中での見た目以上に水の中では鮮やかに発色する不思議なカラーです。

小さなボディとは裏腹に、水の中でひときわ存在感を放つカラー。

こういうカラーが効果的なシチュエーションがあるんです!



例えば春のカラーとして定番化している “赤” 。

春先のバスはまだ吸い込むチカラが弱いので、
『Yabby』のようなスモールベイトが効果的なことが多々あります。

そういう時はこのカラーの出番です!


例えば真夏のサスペンドバス。

光が届かなくなるレンジで最初に消える色が赤なんですが、
赤の発色が高ければ高い程、その効果は大きいと思います。

そんな時もこのカラーの出番です!


他にもこのカラーの独特の見え方が効果的なシチュエーションは多々あります。


とはいえ、カラーに関しては人それぞれにこだわりがあるし、
本当にそのカラーが効果的かどうかは魚に聞いてみないと分かりません。

人間があれこれ言ったところで、
魚からすれば見当違いも甚だしいって思われてるかもしれないし・・・。


だけど私はこのカラーの『Yabby』には、
過去に何度もイイ思いをさせてもらいました。

信じるか信じないかは使い手次第ですが、
良かったら使ってみてくれると嬉しいです。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-01-06 02:22 | お気に入り

フォローでYabby

今日は午後から淀川でオカッパリ。

あまり時間も無いのでこの時期ビッグフィッシュが出る確率が高いポイントへ一目散で向かいました。


b0177760_20291120.jpg

沖に伸びるリップラップ、さらに周りはゴロタ石が点在し、
水深もそれなりにあるエリア。

オールシーズン良い場所でもあるんですが、
特にこの時期ここで釣れたらビッグフィッシュの可能性が高いです。



b0177760_20421405.jpg

使うルアーは以前のブログでも紹介した『Mighty Mama!!』に5gのラバージグ。

リップラップのショルダーや少し水深のあるゴロタエリアを丁寧に探っていきます。


ここぞという場所ではラインスラックをしっかり出して、ロングステイでバイトを待ちます。

特にリップラップのショルダー付近はMAXで神経を集中。



すると「コツッ」という小さなバイト。

すかさずラインスラックを巻き取ってフッキング!


が・・・、フックアップできずスッポ抜け・・・。



魚が相当スローなのか、いつもの『Mighty Mama!!』特有のガツガツバイトが出ません。


その後も何度かアタリはあるものの、フックアップには至らず・・・。

おそらく魚のサイズが小さいからだと思うんですが、
確認のためにも一応釣っとこうかなと。



というワケで、秘密兵器登場。


b0177760_21054400.jpg

『TEXAS kemkem』『Yabby』の組み合わせ。

コンパクトサイズだけどボリューム感があるという、
この時期のキーワードを押さえつつも、魚が吸い込みやすい大きさとウエイト。

ちなみに『TEXAS kemkem』のウエイトは3gを使いました。


淀川本流でこのサイズってちょっと小さいので魚に見つけてもらいにくいですが、
居る場所が絞り込めていたり、ピンスポットで狙う場合はこういうのもアリだと思います。



バイトがあったスポットへフォローを入れる感じでキャスト。

この組み合わせでスピニングタックルだと、ストレスなくリグが飛んでいきます。




b0177760_21182380.jpg

同じようなショートバイトでしたが、今度はしっかりフッキングが決まりました。

ショートバイトの正体はやっぱりヤングサイズのバス君でしたね。



その後もタイミングを変えて何度か入り直しましたが、釣れるのはこのサイズ・・・。


b0177760_21231369.jpg

サイズを問わず魚が釣れれば嬉しいですが、
やっぱりこの場所ではビッグサイズが釣れて欲しかったです・・・。


ビッグサイズはどこへ行ってしまったんでしょうか?

年内にあと何回行けるか分かりませんが、一発良いのを釣って今年を終えたいです。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-12-03 21:33 | 釣りの事

断念・・・

先週は金曜、土曜と2連チャンでY.B.Fミーティングでした。

イチバン梅田さんブンブン京都伏見店さんでの
ミーティングにご参加していただいた皆様、ありがとうございました!


そしてミーティング翌日の日曜日は久しぶりに淀川に!
と、思っていたんですが・・・

諸事情により断念しました・・・。


b0177760_3382962.jpg

準備だけは万端だったんですが・・・。


『TEXAS kemkem』+『Yabby』

以前この時期にこの組み合わせで爆釣した経験があるので
試したかったんですが・・・。



もう一つ試したかったリグがコレ。

b0177760_42345.jpg

『Pintail Stick 3"』のブレードチューニング。

NOIKEスタッフのウッチャンに教えてもらったリグですが、
城北ワンドで今スゴく釣れてるようです。

イレギュラーにキラッキラッとフラッシングするのがイイみたいです。

状況に応じてノーシンカーとダウンショットリグで使い分けてみてください。



最近、週末も思うように釣りに行けず禁断症状が出ていますが、
GWに入ったら思いっきり釣りができるように
今週も張り切ってバリバリ働く所存でございます!


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2017-04-24 04:40 | 釣りの事
3連休が終わってしまいました・・・。

この3連休は何やかんやとバタバタの上に
天気があまり良くなくて思うように釣りに行けなかったので、
ウップンを晴らすべく弓削さんと夜の波止場に繰り出しました。

ちなみに弓削さんはこれが初釣りだったようです。


いつも波止場では安定の『wobble shad 2"』で釣っていくんですが、
今回はあえて『wobble shad 2"』は封印して
以前お得意様から教えてもらったリグを試してみました。

b0177760_2133764.jpg

ジョイントヘッドタイプのジグヘッド。

これに甲殻類系のワームをセットしてリップラップを這うように巻くのが
タケノコメバルにとても効くとのことです。

言ってみればライトゲーム版のウォブルヘッドみたいな感じですね。


セットするワームはこの釣りなら絶対コレだろうと
密かに考えていた『Yabby』をセットしました。

キャストしてボトムをとって巻いてくるだけの釣りなんですが、
最初はベストなリトリーブスピードが上手く掴めなくて
バイトは頻繁にあるけどなかなか乗らないっていう状態が続きましたが・・・


b0177760_2331591.jpg

何となく感覚を掴んでからはバタバタバタっと釣れだしました。

悪くないサイズです。



b0177760_2391114.jpg

リトリーブのコツさえ掴めば
後は『Yabby』が勝手に魚を連れてきてくれます。



b0177760_2462133.jpg

さすが『Yabby』、海でもイイ仕事します。



b0177760_2473651.jpg

暗闇に浮かぶ弓削さん。

初釣りで魚が釣れてご満悦♪



そんな感じでサクッと行って、サクッと釣って帰ってきました。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2017-01-10 02:59 | 釣りの事